BSL専用サプライ(らくだ/かるがるできるシリーズ専用帳票)を格安販売中!

お気に入りに追加 ミモザ運営ショップ一覧
BSL専用用紙、ソフトウェア販売代理店の株式会社ミモザ情報システム BSLサプライ後払いOK! 電話 075-595-2526
カートの中を見る
商品カテゴリ会社概要ご利用ガイドよくある質問お問いあわせ


各社クレジットカードにも対応

BSL 商品検索
キーワード

品番がお分かりの方は

上の検索窓に半角英数字で入力してください。

BSL製品FAX注文用紙
BSLショップの注文締め切り時間は11時30分(午前11時30分)です。以降は翌営業日の手配となります。

安全性を高めるため、SSLによる
暗号化通信を採用しています。

BSL 商品カテゴリ

■ 営業日 ■

営業日カレンダー

ミモザ情報システム
株式会社
ミモザ情報システム

〒607-8132
京都市山科区大塚森町
12-19 ステア211 2F
TEL 075-595-2526
FAX 075-583-2447
URL:
http://www.mimosa.gr.jp
E-mail:
メールフォーム

スタッフブログ

ミモザのFACEBOOKページ

BSL源泉徴収票(平成30年用)

平成30年用(平成31年1月提出用)源泉徴収票・源泉徴収簿

例年、源泉徴収票および源泉徴収簿は一時期に注文が集中するため、ご予約順に発送します。また、メーカー在庫が無くなりますと、再入荷まで時間がかかる場合があります。
お早めに、余裕を持ったご注文をお願いいたします。

また、印字にあたっては、BSL純正のサプライ用品をご利用ください。様式は各ソフトメーカーにおいて独自に開発しておりますので、税務署配布のものや市販品では、印字ずれなど不都合が生じます。

出荷状況/平成30年11月20日以降、ご予約順に出荷中


平成30年様式の変更点について

ここでは、「BSLの専用サプライ用品における変更点」をご案内いたします。
記載方法の具体的な変更内容については、国税庁のサイトをご覧ください。
(参考/国税庁)給与所得の源泉徴収票手続きページ , 記入方法案内
また、メーカーごとに対応内容は異なりますので、複数メーカーのソフトを取り扱うお客様はご注意ください。

源泉徴収票について

●平成30年用(平成31年1月提出)の源泉徴収票は、国税庁の告知に基づき、前年版(平成29年用)と内容を一部変更しています。

●本様式に正確に印字するためには、平成30年年末調整プログラムの適用が必要です。11月末頃に年間保守サービス(保守加入者)向けに公開されます。保守サービス期限にご留意ください。

BSL 源泉徴収票様式の変遷
源泉徴収票の変遷

年末調整関連帳票 よくある質問

Q.昨年版(平成29年用)の源泉徴収票が残っているが、流用できないか?

A.当社としては、新版(平成30年用)のご利用をおすすめいたします。

枠の大きさが少々変わりますので、若干印刷がずれたり、枠からはみ出したり、ということが生じ得る上に、上記の通り項目名が変わりますので、表示されている金額等は、項目名に対して正確なものではなくなります。
手書き等で当該項目名の修正・追記をすれば市町村等への提出自体は可能であり、概ね受理されるものと思われますが、厳密には提出先の判断によります。

修正の手間の予防や、制度や記載項目について十分な知識のない従業員様の誤解を招かないためにも、新版のご利用が無難ではないかと存じます。

Q.5月からの元号改正後はどのようにすればよいか?

A.元号は未公表のため、現時点では「平成」表記です。
改元後は、手書きで修正することで対応できます。また、改元後の新サプライの発売状況は未定です。


平成30年用 年末調整関連商品一覧

源泉徴収票 単票(レーザープリンタ用)

標準型

BK-23A5 源泉徴収票

BK-23A5(25名用BK-23A5(50名用BK-23A5(100名用
「給与支払報告書」「源泉徴収票」がA4サイズ2面×2枚組

●給料らくだ9 普及版、給料らくだプロ9、かるがるできる給料9 に対応しています。

平成30年年末調整プログラムは、11月末頃に保守サービス(保守加入者)向けにリリース予定。
更新プログラムのダウンロード方法 (メーカーサイトへ)
なお、当店はBSLサプライ用品(専用用紙)専門ショップのため、年間保守サービスのお取り扱いはできません、ご容赦ください。

源泉徴収票 専用封筒

単票用

FK-23A5

FK-23A5(25名用FK-23A5(50名用FK-23A5(100名用
単票の源泉徴収票がぴったり入る封筒

●伝票に印刷された宛名部分が窓から見えるようになっています。


源泉徴収票様式の変遷について

マイナンバー制度の影響で、平成28年用源泉徴収票から様式が大幅に刷新されました。
本項では、昨年の年末調整を旧様式で行った方のために、平成27年用から平成28年用にかけてどのような変更があったのかを解説してまいります。

平成29年1月以降、各種提出様式への個人番号および個人番号の記載が義務化されています。この影響により、源泉徴収票および給与支払報告書では、平成28年用(平成29年1月提出分以降)より大きく版内容が変更されました。

旧様式(平成27年用)の品番と、新様式(平成28年用以降)の品番との対照表

源泉徴収票

 

旧様式
(平成27年用)

状況

新様式
(平成28年用以降) 

単票
レーザープリンタ用

BK-2201-27

廃盤 →

BK-23A5

源泉徴収票 専用封筒

 

旧様式
(平成27年用)

状況

新様式
(平成28年用以降) 

単票
レーザープリンタ用

FK-2201

廃盤 →

FK-23A5

 

個人番号出力欄の新設

出力する場所について
(源泉徴収票のうち、税務署提出用)
受給者本人および扶養親族の個人番号、給与支払者の法人(または個人)番号
(給与支払報告書)
同上

源泉徴収票新様式解説

  • 源泉徴収票のうち、受給者交付用には個人番号を印字しないこととなっています。
  • 印字にあたっては、純正のサプライ用品をご利用ください。様式は各ソフトメーカーにおいて独自に開発しておりますので、税務署配布のものや市販品では、印字ずれなど不都合が生じる場合があります。

その他の変更

前述の通り、従来「摘要欄」に記載していた家族情報を、新たに設けられた「控除対象扶養親族欄」に記載することとなっています。
「住宅借入金等控除」の記載欄が拡大されています。
「非居住者である親族の数」の記載欄が新設されました。

判型の変更

判型の変更

掲載する情報が増えることから、用紙のサイズ(判型)が大型化されています。

(旧様式)A4四つ切…1片はA6サイズ
(新様式)A4二つ切…1片はA5サイズ(2倍)


お気軽にお問い合わせください →メールフォーム電話 075-595-2526FAX 075-583-2447