タックシール販売のミモザ A4シートカットなど多彩なタックシールを販売中 ブックマーク登録 ミモザ運営ショップ一覧
タックシールなら株式会社ミモザ情報システム 電話 075-595-2526
カートを見る

商品カテゴリ運営者情報ご利用ガイドよくある質問お問合せ

いつものエクセルで作る!宛名ラベル

 

   最初に住所録を作成しよう!  宛名ラベルのサイズを設定をしよう!  
   宛名ラベルの印刷準備をはじめよう!  宛名ラベルに入力したデータを配置しよう!  
   印刷したいデータを選ぼう!  宛名ラベルを印刷しよう!  
 

 ワードで作る宛名ラベル

 

業務用タックシール・ラベルシールでコスト削減を!ミモザ

 

本ページでは、エクセル2007またはエクセル2010のバージョンでのラベル印刷方法を掲載しています。
エクセル2013をご利用の方はワードを併用しないとラベル印刷ができませんので、ワードで宛名ラベルを作るページをご覧ください。

 

 

 

 1.最初に住所録を作成しよう! (宛名ラベルに印刷するためのデータ作成)
 
Excelを起動し、図1のように宛名ラベルに印刷する文字を入力していきます。
※住所録データの先頭行に「郵便番号」「住所」「名前」など項目の見出しが必要です。
 (見出しの名称は任意です。) 
※図の例では、見出しを「郵便番号」「住所1」「住所2」「企業名」「氏名」とし、それぞれに情報を入力しています。



[ 図1 ]

 

 
 2.宛名ラベルの印刷準備をはじめよう!


[ 図2 ]

(1) 画面左上の「ファイル」 をクリックします。


(2) 「ファイル」 の下にいくつか項目が表示されるので、その中の 「印刷」 をクリックします。


(3) 「印刷」 の右側にプリンタの設定と印刷プレビューが表示されます。


(4) 一番下にある 「ラベル印刷ウィザード」 をクリックします。 (図2参照)


※「ラベル印刷ウィザード ボタン」が表示されていない場合は、次の手順で設定を変更してください。


「ラベル印刷ウィザード」とは
市販のラベル用紙を使い、直接Excelシート内の住所録などのデータを印刷する機能です。

 

「ラベル印刷ウィザード」 ボタンの表示方法


[ 図3 ]

本項目は「ラベル印刷ウィザード ボタン」が表示されていない場合の手順です。ボタンが表示されている場合は3へ進んでください。


(1) 画面左上の「ファイル」をクリックします。 

(2) 「ファイル」 の下の項目から 「オプション」 をクリックします。

(3) 「Excel オプション」 という画面が表示されるので、左側の項目から 「アドイン」 をクリックします。

(4) 画面右側下に 「管理」 と表示されている部分があるので、右の「▼」をクリックして 「Excel アドイン」 を選択し、「設定」ボタンをクリックします。

 



[ 図4 ]

(5) 「アドイン」 という画面が表示されるので、「ラベル印刷ウィザード」 にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

これで 「ラベル印刷ウィザード」 ボタンが表示されるようになりました。(図5参照)

[ 図5 ]

▲ ページトップへ戻る ▲

 

 
 3.印刷したいデータを選ぼう! 「ラベル印刷ウィザード - ステップ 1/3」


[ 図6 ]


1で入力した住所録データから印刷したい範囲を選択します。

印刷したい範囲の開始位置をクリックして、クリックしたまま終了位置までマウスを移動してからボタンを離します。これで印刷範囲が選べました。

※必ず 「見出し(図6では1行目、項目名が入っている行)」 を範囲内に含んでください。

★「先頭行を見出しとして使用する」 チェックボックスをクリックしてチェックを入れます。

「次へ」 ボタンをクリックして進みます。

▲ ページトップへ戻る ▲

 

 
 4.宛名ラベルのサイズを設定をしよう! 「ラベル印刷ウィザード - ステップ 2/3」


[ 図7 ]

(1) 「ラベル用紙の種類」 から印刷するラベル用紙の種類を選択します。
ここでは、「単票」 をクリックします。


(2) 「ラベルの詳細」の中にある「新規ラベル」ボタンをクリックします。



[ 図8 ]

使用する宛名ラベルの「ラベル名」を入力します。

「▲」「▼」ボタンをクリックし、「用紙のサイズ」、「ラベルの高さ」、「ラベルの幅」、「列数」、「行数」、「余白」、「間隔」を設定します。(図8・図9参照)

入力するときの注意

(1) 入力の順番

  はじめに列数および行数を設定します

  次にラベルの幅と高さを設定します

  次に列感覚と行間隔を設定します

  最後に上余白・横余白を設定します

※用紙に収まりきらない数値を指定すると、下図のエラーメッセージが表示されます。

 


[ 図10 ]

 


[ 図11 ] 

 

(2) 小数点以下第二位の入れ方

※小数点以下第二位がある場合は直接入力して設定します。(図13参照)
動作にクセがあり、小数点および小数点以下第一位を直接入力しようとするとエラーが表示されます。(図12参照)

 


[ 図12 ]


[ 図9・LDW12PEの例 ]

ミモザのタックシールショップをご利用のお客様へ

当ショップでは、取扱い商品のサイズを表示した拡大画像を用意しております。

  ・商品詳細ページの商品画像をクリックして見ることができます。
 


 

  ・当ショップで販売している商品は、製品パッケージのシールにも、ラベルサイズを掲載しております。



[ 図13 ]


これで宛名ラベルのサイズを設定することができました。

(1) 「次へ」ボタンをクリックして次のステップへ進みます。

※新たに作成したラベルの設定は保存されるので、次回以降改めて作り直す必要はありません。

▲ ページトップへ戻る ▲

 

 
 5.宛名ラベルに入力したデータを配置しよう! 「ラベル印刷ウィザード - ステップ 3/3」


[ 図14 ]

次に、1で入力したデータを宛名ラベルのどの位置に配置するのかを決めます。

「選択可能な列」 の中にSTEP3で選択した範囲の見出し名が表示されています。

宛名ラベルに印刷したい見出し名をクリックし、「>」 ボタンをクリックすると、見出し名が「ラベル テンプレート」 に表示されます。

 
※初期設定では、図14のように文字が重なったり文字が途切れたりします。
次の手順で配置を整えましょう。



[ 図15 ]

見出し名のところにマウスを持っていくと、マウスの矢印が十字に変わります。

十字の状態になったら、マウスの左ボタンを押しながら移動します。



[ 図16 ]



[ 図17 ]



[ 図18 ]

次に、文字を表示させる範囲を決めます。

の部分にマウスを持っていくと、矢印が⇔に変わります。(図16参照)

⇔の状態になったら、マウスの左ボタンを押したまま右に移動します。(図17参照)

図17では「住所1」は、宛名ラベルの横幅いっぱいまで表示できるようにしました。

※1で作成したデータの文字数を考慮して、配置しましょう。文字の表示範囲が狭い場合、文字が途中で切れてしまうことがあります。


※「選択可能な列」と「ラベルテンプレート」の下にある「編集ツール」でフォントの変更や文字サイズの変更が行えます。(図18参照)
文字が途中で切れてしまうなど、うまく配置ができない場合はここで調整を行ってください。
 (1) フォントの変更ができます。初期設定では「MS Pゴシック」が設定されています。
 (2) 文字サイズを拡大します。
 (3) 文字サイズを縮小します。

▲ ページトップへ戻る ▲

 

 
 6.宛名ラベルを印刷しよう!

左下にある 「プレビュー」 ボタンをクリックすると、宛名ラベルにどのように印刷されるのかが確認できます。
「印刷」 ボタンをクリックすると印刷が始まります。
※宛名ラベルに印刷する前に、普通紙などで試し印刷をし、ラベルと重ねて印刷位置の確認をされることをおすすめします。(図19参照)


[ 図19 ]


[ 図20 ]


これで宛名ラベルの完成です。

本ページ内容を含め、Excelの操作方法についてのご質問にはお答えすることができません。
悪しからずご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

▲ ページトップへ戻る ▲

 

 

ワードで作る宛名ラベル

 

業務用タックシール・ラベルシールでコスト削減を!ミモザ

 


       タックシール商品検索

 

 下記のいずれかの方法で目的のタックシール・ラベルシールをお探しください。

 シートカットタイプ

 シートカットタイプは、A4、B5、はがき等のさまざまな規格に合わせて一枚ずつカットされたタックシールです。

 分類から探す

面数から探す

ラベルサイズから探す

 ラベルを分類から探す

 ラベルを面数から探す

 ラベルのサイズから探す

 

 

 

用途から探す

用紙の種類から探す

売れ筋商品を見る

ラベルを用途から探す

ラベルを用紙の種類から探す

 売れ筋商品を見る