タックシール販売のミモザ A4シートカットなど多彩なタックシールを販売中 ブックマーク登録 ミモザ運営ショップ一覧
タックシールなら株式会社ミモザ情報システム 電話 075-595-2526
カートを見る

商品カテゴリ会社概要ご利用ガイドよくある質問お問合せ

ワード(word)で宛名ラベル・タックシールを作る

 
   ワードでラベル作成にあたって  住所録データの読み込み  
   エクセルで住所録データの入力  読み込んだ住所録データの配置  
   ワードでラベル印刷の準備  タックシールに印刷  
   ラベル印刷のためのテンプレート作成    
 

ワードで宛名ラベルを作る際は、あらかじめエクセル等で作成した住所録データを呼び出す必要があります。
エクセル2007またはエクセル2010をお持ちの方は、ワードを使うことなく、よりシンプルな操作でラベル印刷ができます。
詳しくは エクセルで宛名ラベルを作る をご覧ください。
なお、エクセル2013を利用されている場合は、ワードを併用しないとラベル印刷ができませんので、本ページをご活用ください。

 

ミモザの面数表やサイズ表には、作成済みのワードテンプレートがございます。
テンプレートをワードに読み込む方法については テンプレートを読み込む方法 をご覧ください。

 

 

 0.ワードでのラベル作成にあたって

 

Word(ワード)を使った宛名ラベルの作り方を紹介しています。


このページで使用しているWord、Excel(エクセル)のバージョンは次のとおりです。
・Word2013
・Excel2013

   

 

 
 1.エクセルで住所録データの作成

 

下のテキストより住所を入力していただく為のテンプレートをダウンロードして、エクセルで開いてください。
住所録データテンプレート

 


[ 図1 ]


[ 図2 ](入力例)



[ 図3 ]

「図1」のような画面が開いたら、郵便番号や住所といった項目に必要事項を入力してください。
(入力例は「図2」を参照してください)


入力が完了したら、左上にある「ファイル」から、

(1) 「名前を付けて保存」をクリックします。
(2) 保存するフォルダを選択する画面が表示されますので、フォルダを選択してください。
(図3ではデスクトップに保存するので、デスクトップを選択します)
(3) 「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されます。ファイル名を入力したら、「保存」ボタンをクリックして保存します。(図3参照)
 

※郵便番号ではハイフン(-)をつけて入力してください。
※「図3」では企業名を【宛名1】に、個人名を【宛名2】に入力しています。また、送付先が企業名のみの場合は【宛名1】を空白にし、【宛名2】に企業名を入力しています。

 

 2.ワードでラベル印刷の準備

 

住所録データの入力が終わったらワードを起動してください。

 


[ 図3 ]


[ 図5 ]


[ 図6 ]

次の順番で進んでください。

(1) 「差し込み文書」をクリックします。(図4参照)
(2) 「差し込み印刷の開始」を選択後、「差し込み印刷ウィザード」をクリックします。(図5参照)
(3) 画面右に「差し込み印刷」の作業ウィンドウが表示されました。(図6参照)


 

 3.ラベル印刷のためのテンプレート作成

 


[ 図7 ]

まずは文書の種類を選択します。

(1) 「差し込み印刷」作業ウィンドウの「ラベル」を選択します。
(2) 画面下部の「次へ:ひな形の選択」をクリックします。(図7参照)



[ 図8 ]


[ 図9 ]

次にひな形(テンプレート)の選択をします。

(1) 「文書レイアウトの変更」にチェックを入れます。
(2) 「ラベルオプション」をクリックします。(図8参照)
(3) 図9のような画面が開いたら、「新しいラベル」ボタンをクリックします。



[ 図10 ]


[ 図11・LDW12PEの例 ]

使用する宛名ラベルの「ラベル名」を入力します。ラベル名はお好きなようにつけていただいて構いません。
(図10では、ラベル名を商品名にしています)


「▲」「▼」ボタンまたは入力で「用紙のサイズ」、「ラベルの高さ」、「ラベルの幅」、「列数」、「行数」、「余白」、「間隔」を設定します。(単位はmm(ミリ)です)
(図10・図11参照)


★「垂直方向の間隔」「水平方向の間隔」の設定方法
・垂直方向の間隔:ラベルの高さ+行間隔
・水平方向の間隔:ラベルの幅+列間隔
 

入力する順番

 はじめに列数および行数を設定します
 次にラベルの幅と高さを設定します
 次に列間隔と行間隔を設定します
 最後に上余白・横余白を設定します
 

※ミモザのタックシールショップにて販売している商品以外のラベルでも、同じ手順で設定が可能です。

ミモザのタックシールショップをご利用のお客様へ

当ショップでは、取扱い商品のサイズを表示した拡大画像を用意しております。

  ・商品詳細ページの商品画像をクリックして見ることができます。

  ・当ショップで販売している商品は、製品パッケージのシールにも、ラベルサイズを掲載しております。



[ 図12 ]

これで宛名ラベルのサイズの設定ができました。


作成した宛名ラベルの名前が表示されていることを確認後、「OK」ボタンをクリックしてください。


※新たに作成したラベルの設定は保存されるので、次回以降改めて作り直す必要はありません。




[ 図13 ]


[ 図14 ]

画面に先ほど指定したラベルのサイズが点線として表示されます。(図13参照)


※ラベルとラベルの間の余白が2mm以下のテンプレートの場合、ソフトの使用上パソコンの画面では余白が表示されませんが、問題ございませんので次の工程へ進んでください。

 

画面に表示されたラベルを確認後、
(1) 「差し込み印刷」作業ウィンドウ内、「現在の文書を使用」にチェックを入れて、
(2) 「次へ:宛先の選択」をクリックします。
(図14参照)


 

 4.住所録データの読み込み

 


[ 図15 ]

で作成したエクセルの住所録データをワードに読み込みます。
 

(1) 「既存のリストを使用」にチェックを入れます。
(2) 「参照」をクリックします。(図15参照)



[ 図16 ]

「データファイルの選択」ウィンドウが表示されたら、で作成した住所録データを選択し、「開く」ボタンをクリックします。(図16参照)


[ 図17 ]

「テーブルの選択」ウィンドウが表示されたら、入力したデータが入っているシートを選択し「OK」ボタンをクリックします。(図17参照)
で作成した住所録データはシート1に入っているので、「Sheet1$」を選択します)


[ 図18 ]

入力したデータが表示されている事を確認して「OK」ボタンをクリックします。(図18参照)

「図19」のような画面になったら、住所録データの読み込みは完了です。

(1) 「次へ:ラベルの配置」をクリックして、次の工程へ進んでください。


[ 図19 ]


 

 5.読み込んだ住所録データの配置

 


[ 図20 ]

ワードに読み込んだ住所録データをラベルのどの位置に配置するかを決定します。
 

(1) 「差し込み印刷」作業ウィンドウの「住所ブロック」をクリックします。(図20参照)
 

「住所ブロック」とは

1で作成した住所録データの場合、
「郵便番号」
「住所1」「住所2」
までのデータのことです。



[ 図21 ]


[ 図22 ]

「住所ブロックの挿入」ウィンドウが表示されます。(図21参照)
 

(1) 「宛名の氏名を以下の書式で挿入する」のチェックを外して、
(2) 「OK」ボタンをクリックします。(図22参照)



[ 図23 ]

画面の左上部に≪住所ブロック≫と表示されました。
(図23参照)


[ 図24 ]

≪住所ブロック≫の右端で改行します。
(図24参照)


[ 図25 ]

次に、
(1) 「差し込み印刷」作業ウィンドウの「差し込みフィールドの挿入」をクリックします。(図25参照)
すると、「差し込みフィールドの挿入」ウィンドウが表示されます。(図26参照)


[ 図26 ] 



[ 図27 ]

「差し込みフィールドの挿入」ウィンドウを使って名前を挿入します。


(1) 「フィールド」内の「宛名 1」をクリックします。
(2) 「挿入」ボタンをクリックします。
(3) 「閉じる」ボタンをクリックします。
(図27参照)



[ 図28 ]

※「挿入」ボタンをクリックすると、「キャンセル」ボタンが「閉じる」ボタンに変わります。(図28参照)



[ 図29 ]

≪住所ブロック≫の下に≪宛名 1≫が挿入されました。(図29参照)



[ 図30 ]

続けて、「宛名 2」と「敬称」を挿入します。

≪宛名 1≫の右端で改行します。
(図30参照)



[ 図31 ]

次に、
(1) 「差し込み印刷」作業ウィンドウの「差し込みフィールドの挿入」をクリックし「差し込みフィールドの挿入」ウィンドウを表示させます。(図31・図32参照)


[ 図32 ] 



[ 図33 ]

 
[ 図34 ]

(2) 「フィールド」内の「宛名 2」をクリックします。
(3) 「挿入」ボタンをクリックします。
(4) 「フィールド」内の「敬称」をクリックします。
(5) 「挿入」ボタンをクリックします。
(6) 「閉じる」ボタンをクリックします。
(図33・図34参照)



[ 図35 ]

≪宛名 1≫の下に≪宛名 2≫と≪敬称≫が挿入されました。(図35参照)


[ 図36 ]

先ほど挿入したデータを全てのラベルにコピーします。
 

「差し込み印刷」作業ウィンドウの「すべてのラベルの更新」をクリックします。(図36参照)



[ 図37 ]

全てのラベルに
≪住所ブロック≫
≪宛名 1≫
≪宛名 2≫≪敬称≫
が表示されました。(図37参照)



[ 図38 ]


[ 図39 ]

「差し込み印刷」作業ウィンドウの「ラベルプレビュー画面表示」をクリックすると、住所録データが反映されます。
(図38・図39参照)

プレビュー画面での確認後、「次へ:差し込み印刷の完了」をクリックして次工程へ進んでください。
(図41参照)


[ 図41 ]


 

 6.タックシールに印刷

 


[ 図41 ]

住所録データをタックシールに印刷します。
 

「差し込み印刷」作業ウィンドウの「印刷」をクリックしてください。(図41参照)



[ 図42 ]

「プリンターに差し込み」ウィンドウが表示されたら、
(1) 「レコードの印刷」の「すべて」にチェックを入れて、
(2) 「OK」ボタンをクリックします。
(図42参照)



[ 図43 ]

次に「印刷」ウィンドウが表示されますので、ご使用のプリンターの設定を行ってください。
「OK」ボタンをクリックすると印刷が開始されます。(図43参照)



[ 図44 ]

※宛名ラベルに印刷する前に、普通紙などで試し印刷をし、ラベルと重ねて印刷位置の確認をされることをおすすめします。(図44参照)

これで宛名ラベルの完成です。


 

本ページ内容を含め、ワードやエクセルの操作方法についてのご質問にはお答えすることができません。
悪しからずご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

業務用タックシール・ラベルシールでコスト削減を!ミモザ

 

エクセルで作る宛名ラベル