奉行21シリーズ前期版/後記版について

奉行21Ver.5シリーズは、発売時期により前期版と後記版に分かれており、サポートメンテナンスの終了時期が異なります。

前期版/後記版の見分け方

登録番号がわからない方へ

奉行21Ver.5シリーズ サポートメンテナンスの終了期日

 

メンテナンス終了

サポート終了

前期版

2015年9月末日

2016年4月末日

後期版

2016年12月末日

2017年3月末日

メンテナンス終了とは、当該期日を過ぎると、追加のプログラム修正が行われなくなる、という意味です。期日以降の機能改善や法令改正などに対応できません。
サポート終了とは、サポートセンターによるあらゆるサービス(製品の利用方法問い合わせなど)が停止する期日です。
なお、現在もOMSSに加入されている方は、サポート期間が過ぎますと会員特典であるバージョンアップ料金の割引権が行使できなくなり、割高な「サポート終了製品の価格体系」へ移行してしまいます。お早目のバージョンアップをお勧めいたします。
バージョンアップされますと、OMSSの残存期間は新製品に引き継がれます。

このウインドウを閉じる
※上のボタンをクリックすると、元の画面に戻ります。