奉行i10シリーズの新機能

奉行i10シリーズは、Windows10に対応しただけでなく、下記のような新機能を搭載し、企業業務全体の生産性アップを実現します。

奉行Myスペース

奉行Myスペースは、業務予定の管理と一部処理の自動実行が可能な機能です。
奉行Myスペースを利用するためには、利用するソフトごとにOMSS(年間保守)にご加入いただく必要があります。
(初年度のみ、未加入でも利用可)

業務予定を奉行上で管理

奉行Myスペース操作画面 タスク管理と通知、タスクを選ぶと直接処理画面へ移りますあらゆる業務予定を奉行i10に登録できます。
奉行i10を利用する都度、やるべき業務を一覧で確認できるほか、期日になると奉行に通知させことができます。
たとえば、毎月25日には売掛金残高一覧表を集計するなど、定期業務の予定を確実に管理できます。
奉行i10上で行う業務なら、タスクリストから直接奉行i10の当該業務処理メニューを立ち上げ、即座に業務を進めることができ、便利です。
NetWork版では自分の業務だけでなく他者への依頼業務も登録でき、スケジュールに合わせて奉行i10が依頼した相手に業務予定を通知します。

奉行i10が業務を自動で実行

期日になると奉行Myスペースが定期業務を自動で実行します定期売上集計や共通費配布処理、仕訳伝票の作成、その他毎月月末の各種帳票出力など定型の業務を、奉行i10に自動で実行させることができます。
担当者が操作しなくても、奉行i10が自動で業務を行ってくれるため、定型の業務の手間が削減できます。

問題発生時のアラート機能で即座に対処

特定条件下でアラートが表示され、迅速な問題解決を可能にします在庫が発注点を下回った商品を自動検知するなど自由に管理指標を設定でき、定められた値を超えたり下回ったりした際にアラートを表示させることができます。
アラートから処理メニューを直接立ち上げて業務を行えるため、問題発生時の迅速な対処を可能にします。

奉行Link itサービス

奉行Link it グループ画面奉行Link itサービスとは、スマートフォン等のSNSアプリであるLINEとほぼ同等の操作性を持つ業務SNS(チャットサービス)です。
マルチデバイス対応で、PC・スマートフォン・タブレットで利用可能です。
部署・部門ごとなどのグループを作成し、管理者がチャット参加者を登録できます。
ご利用ソフトのうち、1つ以上の製品のOMSSにご加入いただく必要があります。
OMSSご加入で、50名分の利用者ID、10GBのストレージが提供されます。

※ID追加・容量追加は別途有償となります。

Officeファイル、PDF、動画など業務に必要なデータを送受信可能

Ofiiceファイル、PDF、動画などを送信可能テキストメッセージだけでなく、ExcelやWord、PowePoint等のOfficeファイルやPDF、動画ファイルを送受信できます。
外回りの営業マンと社内の事務職員でのデータのやり取りや、上司への報告など、場所やワークスタイルの違いに関わらずリアルタイムで情報共有を行うことができます。

奉行i10と連携、共有

奉行i10から各種基幹情報をチャットに送信可能です奉行i10から集計表など各種基幹情報をExcelやPDFに変換し、奉行Link itの利用者やグループにダイレクトに送信・情報共有できます。

セキュリティ面も安心

管理者が設定したメンバーだけが参加可能なので漏えいリスクがありません256bit SSL暗号化通信に加えて、管理者が登録したユーザーしか利用できないため、情報漏えいのリスクは極限まで抑えられています。
サービス起動時にパスコードを設定すれば、さらに安全な運用が可能になります。

DUALモード

奉行i10のNetWork版は、オンプレミス(自社サーバー)とクラウド(Iaas)の両環境でお使いいただけます。
いずれの環境でも、同じ製品、同じプログラムを同じ操作性で運用できます。

運用の途中で切り替えることができるため、
「最初はオンプレミスだが、いずれはクラウドにしたい」
といった運用も可能になり、将来の運用環境の変化に柔軟に対応できるようになっています。

※クラウド環境で運用する場合、クラウドパートナーによる環境構築・運用設定・サポートの提供等が必要になります。
運用の切替は有償となり、OMSS契約の切替など所定の手続きが必要です。

※クラウド環境への切替時、オンプレミス版にバンドルされていたSQL Serverの権利がなくなるため、別途クラウド用にSQL Serverをご用意いただく必要があります。

このウインドウを閉じる
※上のボタンをクリックすると、元の画面に戻ります。