就業奉行i10 処理スペック・動作環境

就業奉行 i10

 

処理スペック

全製品共通

動作環境

システムB、SP
一台運用(スタンドアロン版)

Type NS、Type NP
複数台運用(ネットワーク版)

クラウド

 

 ■ 処理スペック(全製品共通)

■会社情報登録

管理可能領域数

最大9,999

データ複数年保持

無制限

会社コード

英数10桁

会社名1

60文字

会社名2

40文字

会社名カナ

60文字

郵便番号

数字10桁

住所1〜2

60文字

住所カナ

60文字

電話番号

英数20桁

FAX番号

英数20桁

代表者名

30文字

代表者カナ

30文字

代表者役職名

30文字


■会社運用設定

暦表示

和暦or西暦


■部門

部門登録可能件数

(推奨)スタンドアロン版:300部門 

     ネットワーク版:500部門

部門コード

英数カナ1〜15桁

部門名称

40文字


■社員/担当者

社員/担当者登録可能件数 

(推奨)スタンドアロン版:300名
     ネットワーク版:500名

社員/担当者コード

英数カナ4〜10桁

社員/担当者名

30文字


 

このウインドウを閉じる
※上のボタンをクリックすると、元の画面に戻ります。


 ■ 動作環境…【一台運用】スタンドアロン版 システムB、S、SP

■OS

Windows 10
Windows 8.1
Windows 7( Service Pack 1 以降 )

※各日本語OSの64ビット版(x64)、32ビット版(x86) に対応しています。

※対応OSに関する最新情報は、OBCホームページ(http://www.obc.co.jp)をご確認ください。

※Windows RTには対応していません。


■対応機種

【プロセッサ】

インテル Pentium 4 3GHz以上
(推奨:インテル Core2 Duo 2GHz 以上)または同等の互換プロセッサ

【メモリ】

1GB 以上 (推奨:2GB以上)


■データベース

SQL Server 2014( Service Pack 1 以降 )

※SQL Server 2014 の32ビット版(x86)に対応しています。

※対応エディションは、Express Edition です。

※本製品では、SQL Server 2014 Express Editionをセットアップすることができます。

※1データベース領域として、最大10GBまで使用できます。

※本製品のデータベースとして、SQL Server 2014の上位エディションを使用される場合は、SQL Server の1クライアントライセンスが消費されますのでご注意ください。


■必要なソフトウェア

.NET Framework 4.52以降
.NET Framework 3.5 ( Service Pack 1 )

※上記のソフトウェアがセットアップされていない場合は、本製品を正常にセットアップできません。

※本製品のプログラムDVD内に、 NET Framework 4.52、NET Framework 3.5 が収録されています。セットアップされていない場合は、本製品のセットアップ時に自動的にセットアップが開始されます。

※.NET Framework 3.5( Service Pcak 1 )は、SQL Server 2014 をセットアップするために必要です。

※Windows 10、Windows 8.1において、.NET Framework 3.5( Service Pack 1 )をセットアップするには、インターネット接続環境が必要です。


■ハードディスク

1.4GB以上必要(データは除く)


■ディスクドライブ

DVD-ROM ドライブが必要


■解像度

横 1,024×縦 768以上を推奨


■周辺機器等

上記OSに対応した、本体に接続可能なディスプレイ・マウス・キーボード・プリンター・日本語変換システム

※プリンターに関しては、下記の「プリンター」欄をご参照ください。 


■プリンタ

製品により、単票式の専用用紙や連続式の専用用紙を用意しているものがあります。その用紙を使用する場合は、対応プリンターが異なりますので、ご注意ください。詳しくは、弊社までお問い合わせください。

 

【レーザープリンターについて】

※B4サイズ以上に対応したプリンターを推奨。

※専用用紙を使用する場合は、単票式の専用用紙が必要です。また、製品によっては、B4サイズの単票式の専用用紙を用意している場合があります。その専用用紙を使用する場合は、B4サイズ以上に対応したプリンターが必要です。

※「勘定奉行」で消費税提出資料を印刷する場合は、レーザープリンターが必要です。

※「申告奉行[法人税・地方税編]」で印刷する場合は、レーザープリンターが必要です。

 

【ドットプリンターについて】

※専用用紙を使用する場合は、連続式の専用用紙が必要です。

※連続式の専用用紙に印刷するには、以下の内容が必要です。

(1)15インチの連続用紙が印刷できるドットプリンター。

(2)プリンタードライバーまたはOSの設定で、余白の範囲を0.00cmまで指定できるプリンター。

(3)OSの設定で、「プリント サーバーのプロパティ」に使用する専用用紙のサイズの「新しい用紙」を作成できるプリンター。

(4)「トラクタフィーダ」または「プッシュトラクタ」が必要です。

 

【インクジェットプリンターについて】

※プリンターまたはプリンタードライバーによっては、専用用紙に印刷できない場合があります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。


【ご注意】

※快適にご利用いただくために、より高スペックのプロセッサを搭載したコンピューター、並びにより多くのメモリ搭載をおすすめします。

※奉行iメニュー、マイページを利用するには、インターネット接続環境が必要です。

※本製品には、上記のOSは含まれておりません。

※必要メモリ容量、ハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合があります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。

※SQL Server および弊社アプリケーション使用領域(バックアップ含む)は、圧縮フォルダーでの運用をサポートしていません。

※セットアップは、管理者グループのメンバーで行う必要があります。

※スタンバイモード・休止モード・スリープモードには対応していません。

※Microsoft、Windows、Windows Vista、SQL Server、Internet Explorer、Excel、Outlookは、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標です。

※インテル、Pentium、インテル Coreは、米国およびその他の国における、Intel Corporation またはその子会社の登録商標または商標です。

※記載された内容および製品の仕様は、改良のために予告なく変更される場合があります。
 

【OMSS 業務支援サービスの注意事項】

※Excel連携機能のピボットグラフ出力を利用するには、Microsoft Excel 2010 以上が必要です。

※Outlook連携機能のメール送信を利用するには、Microsoft Outlook 2007 以上が必要です。

※クラウドサービスを利用するには、インターネット接続環境が必要です。

クラウドサービスの必要システム環境の情報は、OBCホームページ

(http://www.obc.co.jp)をご確認ください。
 

 

このウインドウを閉じる
※上のボタンをクリックすると、元の画面に戻ります。

 


 

 ■ 動作環境…【複数台運用】ネットワーク版 TypeNS、TypeNP 

 

サーバ

クライアント

■OS

Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2
 (Service Pack 1 以降 )
Windows Server 2008
 ( Service Pack 2 以降 )
※各日本語OSの64ビット版(x64)、32ビット版(x86) に対応しています。

Windows 10
Windows 8.1
Windows 7( Service Pack 2 以降 )

※各日本語OSの64ビット版(x64)、32ビット版(x86) に対応しています。

※Windows RTには対応していません。


■対応機種

【プロセッサ】
インテル Core2 Duo 2GHz以上(推奨:インテル Xeon 5300番台 以上)または同等の互換プロセッサ
【メモリ】
1.5GB 以上(推奨:4GB以上) 

【プロセッサ】

インテル Pentium 4 3GHz以上
(推奨:インテル Core2 Duo 2GHz 以上)または同等の互換プロセッサ

【メモリ】

1GB 以上 (推奨:2GB以上)


■データベース

SQL Server 2014( Service Pack 1 以降 )

※各日本語OSの64ビット版(x64)、 32ビット版(x86)に対応しています。

※対応エディションは、Enterprise Ediotion、Standard Ediotionです。

※SQL Server 2014( Service Pack 1 )を使用される場合は、SQL Server 2014( Service Pack 1)用の「累積的な更新プログラムパッケージ2( CU2 )」を適用する必要があります。


■必要なソフトウェア

.NET Framework 4.5.2以降
.NET Framework 3.5(Service Pack 1)

※上記のソフトウェアがセットアップされていない場合は、本製品を正常にセットアップできません。

※本製品の環境構築DVD内に、 .NET Framework 4.5.2、.NET Framework 3.5(Service Pack 1)が収録されています。セットアップされていない場合は、SQL Serverのセットアップ時に自動的にセットアップが開始されます。

NET Framework 3.5 (Service Pack 1)は、SQL Server 2014をセットアップするために必要です。

※Windows Server 2012 R2、8.1、Windows Server 2012において、 .NET Framework 3.5(Service Pack 1)をセットアップするには、インターネット接続環境が必要です。

NET Framework 4.5.2以降

※上記のソフトウェアがセットアップされていない場合は、本製品を正常にセットアップできません。

※本製品のプログラムDVD内に、.NET Framework 4.5.2が収録されています。セットアップされていない場合は、こちらをご利用ください。


■ディスクドライブ

DVD-ROM ドライブが必要


■解像度

横 1,024×縦 768以上を推奨


■周辺機器等

上記OSに対応した、本体に接続可能なディスプレイ・マウス・キーボード・日本語変換システム

上記OSに対応した、本体に接続可能なディスプレイ・マウス・キーボード・プリンター・日本語変換システム

※プリンターに関しては、下記の「プリンター」欄をご参照ください。 


■プリンタ

製品により、単票式の専用用紙や連続式の専用用紙を用意しているものがあります。その用紙を使用する場合は、対応プリンターが異なりますので、ご注意ください。詳しくは、弊社までお問い合わせください。

 

【レーザープリンターについて】

※B4サイズ以上に対応したプリンターを推奨。

※専用用紙を使用する場合は、単票式の専用用紙が必要です。また、製品によっては、B4サイズの単票式の専用用紙を用意している場合があります。その専用用紙を使用する場合は、B4サイズ以上に対応したプリンターが必要です。

※「勘定奉行」で消費税提出資料を印刷する場合は、レーザープリンターが必要です。

※「申告奉行[法人税・地方税編]」で印刷する場合は、レーザープリンターが必要です。

 

【ドットプリンターについて】

※専用用紙を使用する場合は、連続式の専用用紙が必要です。

※連続式の専用用紙に印刷するには、以下の内容が必要です。

(1)15インチの連続用紙が印刷できるドットプリンター。

(2)プリンタードライバーまたはOSの設定で、余白の範囲を0.00cmまで指定できるプリンター。

(3)OSの設定で、「プリント サーバーのプロパティ」に使用する専用用紙のサイズの「新しい用紙」を作成できるプリンター。

(4)「トラクタフィーダ」または「プッシュトラクタ」が必要です。

 

【インクジェットプリンターについて】

※プリンターまたはプリンタードライバーによっては、専用用紙に印刷できない場合があります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。


【ご注意】

※快適にご利用いただくために、より高スペックのプロセッサを搭載したコンピューター、並びにより多くのメモリ搭載をおすすめします。
※奉行iメニューを利用するには、インターネット接続環境が必要です。
※本製品には、上記のOSは含まれておりません。
※必要メモリ容量、ハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合があります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。
※with SQL Server 製品に同梱されている「SQL Server 2012」は「ランタイム-制限使用ソフトウェア」です。
したがって、新しいアプリケーション、データベースまたはテーブルなどの開発には使用できません。しかし、既存のテーブルに抽出条件や集計などを実行するツールとしては使用できます。
※with SQL Server 製品のみ「SQL Server 2012」が同梱されています。

また、別途ご用意された「SQL Server 2012」をセットアップする場合は、あらかじめ「OBCINSTANCE2」を作成する必要があります。作成方法は、同梱のマニュアルをご参照ください。
※SQL Server および弊社アプリケーション使用領域(バックアップ含む)は、圧縮フォルダーでの運用をサポートしていません。

※セットアップは、管理者グループのメンバーで行う必要があります。

※スタンバイモード・休止モード・スリープモードには対応していません。

※WAN環境の場合は、弊社までお問い合わせください。

※Microsoft、Windows、Windows Server、Windows Vista、SQL Server、Internet Explorer、Excel、Outlookは、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標です。

※インテル、Pentium、 Xeon、インテル Coreは、米国およびその他の国における、Intel Corporationまたはその子会社の登録商標または商標です。

※記載された内容および製品の仕様は、改良のために予告なく変更される場合があります。

 

【カスタマイズに関するご注意】

奉行i10新ERPをカスタマイズされる場合は、弊社製品であらかじめ用意しているデータのテーブルへの行(レコード)の追加、更新、削除、および制約の追加を行った場合の動作保証は致しかねますので、あらかじめご了承ください。


【OMSS 業務支援サービスの注意事項】

※Excel連携機能のピボットグラフ出力を利用するには、Microsoft Excel 2010 以上が必要です。

※Outlook連携機能のメール送信を利用するには、Microsoft Outlook 2007 以上が必要です。

※クラウドサービスを利用するには、インターネット接続環境が必要です。

クラウドサービスの必要システム環境の情報は、OBCホームページ(http://www.obc.co.jp)をご確認ください。
 

 

このウインドウを閉じる
※上のボタンをクリックすると、元の画面に戻ります。

 


 

 ■ 動作環境…クラウド

 

サーバ

クライアント

■プロセッサ

奉行製品の同時利用者数10名まで:2コア以上

11〜20名:4コア以上


■メモリ

奉行製品の同時利用者数10名まで:4GB以上

11〜20名:8GB以上


■ハードディスク

・1製品当たり:4GB以上(データは除く)

・SQL Server 2014:6GB以上

※SQL Serverのセットアップ時には、上記以外に一時的に別途10GBが必要です。

※別途OSで利用する要領を確保しておいてください。


■OS

Windows Server 2012 R2(日本語版)

Windows Server 2008 R2(日本語版)

Windows 10、Windows 8.1、Windows 7


■通信環境

・リモート デスクトップ プロトコル
(以下、RDP) 標準ポート:TCP 3389
(インバウンド)

・HTTP/HTTPS
(Windows Server 2012 R2の場合)
インバウンド・アウトバウンド

(Windows Server 2008 R2の場合)
アウトバウンド

※VPN環境などの場合は、条件が異なります。

・共有100Mbps以上

・リモートデスクトッププロトコル
(以下、RDP)

 標準ポート:TCP 3389
(アウトバウンド)
 

・HTTP/HTTPS

 (Windows Server 2012 R2の場合)
アウトバウンド

※VPN環境の場合は、条件が異なります。


■必要なソフトウェア

Internet Explorer 8以降

.NET Framework 4.5.2

.NET Framework 3.5(Service Pack 1)

※上記のソフトウェアがセットアップされていない場合は、本製品を正常にセットアップできません。

・Internet Explorer 8以降
 

・リモートデスクトップ接続 クライアント:Ver6.1以降


■データベースシステム

SQL Server 2014
(Service Pack1以降)
Standard Edition/Enterprise Edition

SQL Server 2014(Service Pack1)を使用される場合は、SQL Server 2014
(Service Pack1)用の「累積的な更新プログラムパッケージ( CU2 )」を適用する必要があります。


■リモートデスクトップサービス

(Windows Server 2012 R2)Remote Desktop Service/Remote App/RD Web

※パブリッククラウドサービス環境に、ドメイン(Active Directory)が必要です。

※リモートデスクトップWebアクセス
(RD Web)を利用するために、Internet Information Services 8.5以降が必要です。(Windows Server 2008 R2)Remote Desktop Service / Remote App


■解像度

横 1,024×縦 768以上を推奨


■周辺機器

上記OSに対応した、本体に接続可能なディスプレイ・マウス・キーボード・プリンター・日本語変換システム

※本製品はリモートデスクトップサービスを利用します。このため、本製品で利用するプリンターはリモートデスクトップサービスに対応したプリンタである必要があります。


【ご注意】

本製品で利用可能なSQL Server およびRDSのライセンスに関しては、以下のライセンスとなります。

・「ソフトウェア アシュアランス(SA)」によるライセンスモビリティ
・「対応パブリッククラウドベンダー」などが提供する「Services Provider License Agreement(SPLA)」

上記ライセンスは、「対応パブリッククラウドベンダー」または取扱会社様よりご購入ください。

※快適にご利用いただくために、より多くのコア数、メモリ搭載をおすすめします。

※「対応パブリッククラウドベンダー」によっては、安協構築時に選択可能なコア数、メモリサイズが異なる場合があります。その際は、お客様の運用状況やデータ量にあわせて選択してください。

※SQL ServerおよびOBCアプリケーション使用領域(バックアップ含む)は、圧縮ファイルでの運用をサポートしていません。

※Microsoft Officeと連携する機能を利用する場合は、パブリッククラウドベンダーサービスで許可されているOffice製品(Office2013/Office 365)が必要です。詳しくは「対応パブリッククラウドベンダー」にご確認ください。

※奉行製品および奉行オプションのメール配信機能を利用する場合は、クラウドサービスから通信できるメールサーバーが必要です。またパブリックサービスから外部への接続は、SMTPの通信ポートが許可されている必要があります。

※PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

※クラウドサービスの必要システム環境の情報は、OBCホームページ(http://www.obc.co.jp)をご確認ください。

※「奉行i 10 新ERP」「奉行V ERP10 Advanced Edition」をカスタマイズする場合は、あらかじめ用意しているデータのテーブルへの行(レコード)への追加、更新、削除および制約の追加を行った場合の動作保証は致しかねます。

※スタンバイモード・休止モード・スリープモードには対応していません。

※本製品で電子申告署名を行うには、別途「電子申告署名ツール」が必要です。
(セットアップする際には.NET Framework 4.5.2以降が必要です。)

※「就業奉行」でタイムレコーダーを利用するには、別途「タイムレコーダー読込ツールfor就業奉行」が必要です。
(セットアップする際には.NET Framework 4.5.2以降が必要です。)

※(クラウドサーバーのOSがWindows Server 2012 R2かつ、ユーザーのOSがWindows8以降の場合)マルチタッチ対応ディスプレイ上でのタッチ操作によるスクロール、ズームに対応しています。

 

このウインドウを閉じる
※上のボタンをクリックすると、元の画面に戻ります。

↑ページの先頭へ


Copyright(C) Mimosa Information System Co.,Ltd. All rights reserved.