2022年10月1日 一部製品・サービスの価格改定について

  1. トップページ
  2. OBC奉行シリーズのインボイス制度(適格請求書等保存方式)対応について

OBC 奉行シリーズのインボイス制度(適格請求書等保存方式)対応について

2022年5月20日作成

OBC 奉行シリーズのインボイス制度(適格請求書等保存方式)対応

令和5年(2023年)10月より、インボイス制度が始まります。 本ページでは、制度変更により奉行シリーズの販売管理・仕入管理システムにどのような影響が生じ、具体的にどう対応すればよいかをご案内いたします。

本ページは、OAP/OBC認定販売店である当社・ミモザ情報システムが公開しております。

このページの目次


インボイス制度の概要

インボイス制度とは、正式には「適格請求書等保存方式」と言われる、消費税の仕入税額控除に関係する制度改正です。2023年10月1日より開始されます。
主なポイントは、下記の2点です。

  • 請求書の記載方法および経理方式の変更
  • 適格請求書発行事業者の登録番号取得と記載

インボイス制度が始まると、仕入税額控除を受けるためには、「インボイス(適格請求書)」を保存することが求められます。

「インボイス(適格請求書)」を発行するためには、いくつかの条件があります。

まず、定められた記載方法に則る事です。
具体的には、明細毎の適用税率と、税率毎の課税対象額および消費税額を明示する必要があります。

インボイスの要件

加えて、「適格請求書発行事業者の登録番号」の記載が求められます。
この登録番号は、あらかじめ管轄の税務署長に申請書の提出を行い、登録を受けた場合に発行されます。

登録の条件として、消費税の「課税事業者」であることが求められています。
このため、従来より年間売上額が1,000万円以下のため、「免税事業者」であったた事業者様は、登録事業者になることにより、新たに消費税の納付義務が生じるという点に注意が必要です。

インボイス制度の対象者

特に事業者間取引を営む事業者様には、広く影響が生じる見込みです。
免税事業者との取引は仕入税額控除が認められないため、課税事業者との競争において不利になることが想定されます。

インボイス制度の導入スケジュール

2023年10月1日から導入されます。
それに先立って、2021年10月1日より、適格請求書発行事業者の登録申請が始まっています。
インボイス制度が開始される、2023年10月1日からインボイスを発行する(=登録番号を記載する)ためには、審査日程を考慮すると2023年3月31日までに登録申請を行う必要があります。
申請手続きは「e-Tax」が推奨されていますが、郵送対応も可能です。お早めに対応ください。

インボイスのスケジュール

参考サイト


影響を受けるソフトウェアとその対応

結論

サポート中の製品「奉行10または奉行11シリーズ」「奉行クラウド」をご利用の上、OMSSへ加入継続していれば、追加の費用負担なく、インボイス制度に対応できます。

インボイス制度に対応するためには、自社が日常的に発行する請求書の様式について、定められた項目をもれなく印字できるよう、改修を行う必要があります。

奉行シリーズの販売・仕入管理ソフト「商奉行」「蔵奉行」は、現時点ではインボイス発行に係る機能を搭載しておりません。
今後、OMSS加入者向けに提供される更新プログラムを適用することで、事業者登録番号の設定や、端数処理等の設定項目の調整が可能となり、制度に則ったインボイスを発行できるようになります。
シリーズ毎の対応は下表を確認ください。

シリーズ名 インボイス出力
への対応可否
備考
奉行クラウド 対応可能 無条件で対応
奉行11シリーズ
i11、J11、V11
対応可能 OMSSへの加入継続が必要
奉行10シリーズ
i10、V10
対応可能 OMSSへの加入継続が必要
奉行8シリーズ
i8、V8
対応不可 奉行クラウドへの移行 または
奉行i11シリーズへのバージョンアップが必要
奉行J-販売編-
奉行J-仕入編-
対応不可 奉行クラウドへの移行 または
奉行J11シリーズへのバージョンアップが必要

OMSSへの加入は、OBCコンタクトセンター(0120-86-9861)へお申し込みください。

過去にOMSSに加入されたことがない場合のみ、当社経由で加入手続きを承ることができます(初年度のみ割引あり)。

サプライ用品への影響について

現行商品のまま、インボイスの出力対応ができるように考慮されています。
インボイス制度開始に関して、新たにサプライ用品の買い替える必要はありません。

請求書発行システムへの影響について

OBC直営サービスの「奉行Edge 請求管理電子化クラウド」へも影響が及びますが、通常の利用料金内でインボイス対応が行われる見込みです。 その他、外部の請求書発行システムを利用している場合、具体的な対処については、各システムやサービス毎に変わりますので、提供元へご確認ください。

電子インボイスの動向について

導入が議論されている「電子インボイス」については、現状業界団体によって仕様の策定を行っている段階で、具体的な機能としてはまだ公表されていません。

カートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートを見る

FAX注文用紙

カテゴリー

営業日カレンダー

2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

休業日

株式会社ミモザ情報システムは、OBC認定ビジネスパートナー・正規販売代理店の認証を受けています。


ミモザ運営ショップ一覧

株式会社ミモザ情報システムは、OBC、PCAなどの業務ソフトウェアおよびサプライ用品を中心に扱う専門店です。