固定資産奉行i10(旧 償却奉行)

固定資産奉行i10

固定資産管理とリース資産管理を実現する減価償却ソフト・リース資産管理ソフトです。
2017年9月に「償却奉行」から名称変更されました。機能・価格は同一です。

固定資産奉行i10 は、画像・設置場所・購入先など資産情報管理を強化でき、取得から減価償却、売却・除却までのライフサイクルを管理可能。リース資産では契約開始から再リース、解約に至る契約状況管理を実現し、オン・オフバランスの自動判定機能も搭載しています。

奉行i10シリーズ 注目の新機能 

固定資産奉行i10 スタンドアロン版

Bシステム(基本機能のみ)

資産管理+管理資料+償却資産税+別表十六

Sシステム(Bの上位モデル)

Bシステムの処理項目+取引先管理+リース資産管理+減損処理

 

各システムの搭載機能や動作環境一覧表は本ページ下段からご覧いただけます。

固定資産奉行i10 ネットワーク版

複数台で運用されるお客様

クライアント・サーバシステムを利用したネットワーク版。企業の成長段階に応じたシステムの拡張が可能です。

  • システム構成
    スタンドアロン版Sシステム相当の「Type NS」の設定がございます。
  • ライセンス数
    3ライセンス、5ライセンス、10ライセンス以上は5ライセンス刻みで設定がございます。

Microsoft AzureやAWS等のパブリッククラウド環境を利用したクラウド運用も可能です。

いずれも、都度お見積りをいたしますので、ご希望のライセンス数を添えて、お気軽にお申し付けください。

お問い合わせ・見積依頼

奉行シリーズの導入にあたって、無料相談実施中

当社は京都の企業ですが、全国の協業ネットワークを通じてお客様の元へ訪問ヒアリングに伺います。お気軽にご依頼ください。

奉行シリーズの導入にあたって、無料相談受付中

奉行シリーズ ソフトウェアの選び方

固定資産奉行i10のシステム構成について

お客様の企業規模や業務の内容により、最適なシステム構成(搭載機能)を選ぶことができます。

このソフトウェアで
できることを確認する

各項目の登録上限や、今の
PCで使えるか確認する

どのような様式が出力
できるか確認する

ソフトウェア保守サービス(OMSS)について

昨今は消費税やマイナンバーなど、業務プロセスに影響を及ぼす大型の法令改正に加え、特にWindows10搭載機ではOSの自動更新が頻繁に行われ、それに伴う動作不都合なども多くなっています。これらのプログラム修正対応もOMSSの範囲内として行います。

長く、安心してご利用いただくためにも、ソフトウェア単体でのご購入ではなく【保守セット】のご購入を強くおすすめいたします。

  • 1
  • 1

カートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートを見る

FAX注文用紙

営業日カレンダー

2019年 7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年 8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

休業日

株式会社ミモザ情報システムは、OBC認定ビジネスパートナー・正規販売代理店の認証を受けています。


ミモザ運営ショップ一覧

株式会社ミモザ情報システムは、OBC、PCAなどの業務ソフトウェアおよびサプライ用品を中心に扱う専門店です。