PCA会計・商魂などソフトウェア・サプライ用品・年間保守契約 格安販売中! ブックマーク登録 ミモザ運営ショップ一覧
PCA製品販売代理店の株式会社ミモザ情報システム PCA顧客管理 電話 075-595-2526
カートを見る

製品利用中のお客様導入検討中のお客様会社概要ご利用ガイドお問合せ


各種クレジットカード対応

PCA製品 商品検索
キーワード

品番がお分かりの方は
上の検索窓に半角英数字で入力してください。

サプライ用品FAX専用注文用紙はこちら

PCAショップの注文締め切り時間は午前11時30分です。以降は翌営業日の手配となります。

安全性を高めるため、SSLによる
暗号化通信を採用しています。

ピー・シー・エー株式会社正規販売代理店

現在のご注文状況

PCA 商品カテゴリ

よくある質問はこちら

名入れ帳票

■ 営業日 ■
営業日カレンダー

ミモザ情報システム
株式会社
ミモザ情報システム
 
〒607-8132 
京都市山科区大塚森町
12-19 ステア211 2F
TEL:075-595-2526 
FAX:075-583-2447 
URL:
http://www.mimosa.gr.jp
E-mail

メールフォーム 
 

インクリボンショップ
インクリボンショップ

ミモザのスタッフブログ

ミモザのFACEBOOKページ
PCAソフトウェア製品 > PCA公益法人会計 > PCA公益法人会計 V.12


ミモザの表示価格は全て消費税込です。 マイナンバー対応について
マイナンバー対応 平成29年1月提出用(平成28年用)源泉徴収票・簿 出荷開始

商品詳細

PCA公益法人会計 V.12


PCA公益法人会計
Windows10対応

財団・社団法人様向け財務会計ソフト

・2つの会計基準に対応

・ユーザー管理機能強化

・会計をまたいだ配賦が可能

公益法人の新会計基準への移行を強力支援
公益認定では、旧会計基準(昭和62年施行)に基づく現金収入ベースで作成する計算書類では法律で求められている書類とはみなされない恐れがあります。
『PCA公益法人会計V.12』ならば、難しい処理を行うことなく損益ベースの計算書類を作成できます。

品   番 4988659152546
商 品 名 PCA公益法人会計 V.12
標準価格 572,400円
販売価格 364,900円

数   量:


FAXでのご注文も承ります

年間保守セット
★PSS会員(保守契約)加入をご検討の方は同時購入でさらにお得!
【セット商品】 PCA公益法人会計 V.12 + 年間保守セット


■ “平成20年施行公益法人会計基準”への対応

公益認定では、旧会計基準(昭和62年施行)に基づく現金収入ベースで作成する計算書類では法律で求められている書類とはみなされない恐れがあります。
『PCA公益法人会計V.11』ならば、難しい処理を行うことなく損益ベースの計算書類を作成できます。

PCA公益法人会計V.11
 

損益予算への対応

「予算入力」処理で正味科目での入力が可能になりました。「収支・キャッシュ・フロー科目の設定」での設定内容をもとに、「損益→収支」「収支→損益」の予算反映機能を搭載。また、「予算管理月報」「予算付合計残高試算表」「予算差引簿」などの予算関連帳票で正味財産の表示・印刷が可能です。「決算書」に正味財産科目残高と予算の対比を行う「予算対比正味財産増減計算書」を追加しました。

法人全体基準への対応

財務帳票での集計基準が「会計区分ごと」から「法人全体」へ変更されたことに伴い各帳票で法人全体の集計出力が可能になりました。また、「仕訳チェックリスト」「総勘定元帳」などで1伝票・1仕訳ごとに会計区分コードを表示・印刷します。

財務諸表の見直し

「決算書-財産目録」で出力内容を入力・設定することができます。「内訳表」を新規搭載しました。

基金科目への対応

データ領域作成時に基金科目を使用するかどうかを選択することができます。基金科目を使用した場合には、財務諸表が基金に対応した様式となります。「基金受入額」・「基金返還額」科目での仕訳入力により「貸借対照表(正味財産の部)」の基金・代替基金を自動集計します。

■ 会計をまたいだ配賦が可能

複数の会計をまたいで発生した費用などをカンタンに配賦できます。あらかじめ割合や金額などを基準として登録しておくことで配賦入力がよりスムーズになります。また、科目に基準を関連付けることが可能です。

■ 2つの会計基準に対応

『PCA公益法人会計V.12』は平成20年施行の新公益法人会計基準に完全対応。また、昭和62年に施行された公益法人会計基準での運用を可能とするため、「平成20年施行」「昭和62年施行」にそれぞれ対応した2つのプログラムをご提供いたします。財団・社団法人以外の公益団体様にもご導入いただけます。

■ 申請書類作成を強力サポート

一般社団法人・財団法人の公益認定申請と特殊民法法人の移行認定申請、移行認可申請時における提出書類のExcelテンプレートを作成できます。

■ 内部仕訳もラクラク

仕訳入力時に内部取引区分(会計間取引、事業間取引、事業間(グループ内)取引)を設定することで、積算表・決算書・内訳表・キャッシュフロー計算書で内部取引消去額を自動計算し出力します。
また、内部取引消去額を直接入力可能な「内部取引消去調整入力」を搭載、前年度、当年度の消去金額の調整が可能です。
内部取引明細表では、内部取引仕訳の明細を、科目毎に集計し出力できます。

■ PCA公益法人会計 V.12 対応機器

スタンドアロン版OS

Microsoft(R) Windows(R) 10
Microsoft(R) Windows(R) 8.1
Microsoft(R) Windows(R) 7
Microsoft(R) Windows Vista(R)SP2

CPU

Pentium4以上必要 Core 2 Duo以上を推奨
※または同等の互換プロセッサーを搭載したコンピューター

メモリ

1GB以上必要 2GB以上を推奨

ディスクドライブ

HDドライブ、CD-ROMドライブがそれぞれ1台以上必要
データのバックアップ用に大容量リムーバブルディスクドライブ(MOなど)の接続を推奨

HD容量

プログラムセットアップ時に最低300MB以上
システムドライブ(OSがインストールされているドライブ)に300MB以上の空き容量が必要
そのほかにデータベースソフト「Microsoft(R) SQL Server 2012 Express」のプログラム用に約6GB必要

モニター

解像度 1024×768ドット ハイカラー以上を推奨

プリンター

上記OSに対応するプリンター(単票紙はA4以上、連続紙は15インチ印刷可能なプリンター)
手形サイズ(7.5cm×35cm)が手差し指定可能なプリンター(手形管理オプションご利用の場合)


※マルチデスクトップには対応しておりません。

※タブレットモードには対応しておりません。

※電子申告直接送信についてはMicrosoft Edgeには対応しておりません。Internet Explorerをご使用ください。

※Windows10でサポートされるMicrosoft SQL ServerはMicrosoft SQL Server 2012 Service Pack 2 以降となります。

※Windows OS上でのディスプレイ設定が 既定サイズ「小−100%」以外の場合、一部正しく画面表示できないことがあります。既定サイズ「小ー100%(既定)」でのみ動作確認となります。 


※Microsoft社のサポート保証期間が終了しているOSについては正常に動作しない可能性がありますので、保証期間の終了していないOSでの運用をお勧めします。

 

PCA製品の見積依頼承ります。
メールフォームはこちら