OBC製品(OBC奉行シリーズ ソフトウェア)を特価にて販売中! お気に入りに追加 ミモザ運営ショップ一覧
OBC ソフトウェア 製品なら OBC製品販売代理店の株式会社ミモザ情報システム OBC奉行i10 i8 奉行J バージョンアップ・OMSS(年間保守)取扱い 認定正規代理店 電話 075-595-2526
カートの中を見る
商品カテゴリ会社概要ご利用ガイドよくある質問お問いあわせ

各社クレジットカード対応
OBC奉行シリーズ検索
キーワード
OBCソフトウェア FAX注文用紙
OBCショップの注文締め切り時間は13時30分(午後1時30分)です。以降は翌営業日の手配となります。

安全性を高めるため、SSLによる
暗号化通信を採用しています。

OBCサプライショップはこちら
OBC奉行シリーズカテゴリ

■ 営業日 ■

営業日カレンダー

ミモザ情報システム
株式会社
ミモザ情報システム
〒607-8132
京都市山科区大塚森町12-19
ステア211 2F
TEL 075-595-2526
FAX 075-583-2447
URL:
http://www.mimosa.gr.jp
E-mail:
メールフォーム

OBC OCIPパートナー(新ユースウェア事業認定店)
OBC OCIPパートナー
(導入支援パートナー)

インクリボンショップ
インクリボンショップ

ミモザのスタッフブログ

ミモザのFACEBOOKページ

奉行シリーズ Windows10対応について

奉行シリーズ Windows10対応について

本ページは、2016年5月時点でOBCより発表されている情報を元に、OCIP認定販売代理店のミモザ情報システムが作成しています。
今後、新たな情報が発表された際には、本ページにてご案内してまいります。

結論

奉行シリーズは、i10、i8、Jの各シリーズのみWindows10に対応しています。
(i・21の両シリーズは非対応です→バージョンアップしてください)
2015年10月28日にWindows10対応版がリリースされました。
Windows対応版プログラムの提供方法は、OMSSの加入形態により、ダウンロードまたはCDでの提供となります。

Windows10に対応可能な奉行シリーズのバージョン

Windows10へのアップグレードされる際は、ご利用中の奉行シリーズが下記のバージョン以降であることをあらかじめご確認ください。
ご利用中のソフトのバージョンは、ソフトを起動し、「ヘルプ」メニュー内の「バージョン情報」にて確認できます。

製品名Windows10に対応可能な奉行のバージョン
奉行i10シリーズ全ての製品が対応
奉行i8シリーズVer 2.50以降
奉行JシリーズVer 2.50以降

OFFICE BANK21はVer.2.68以降、同資金集中・配分システムはVer.2.21以降が対応。

ご利用中のソフトがWindows10対応可能なバージョンではない方

奉行iシリーズおよび奉行21シリーズは、windows10に対応しておりません。
今後も安心してご利用いただくために、最新の奉行i10シリーズへのバージョンアップをご検討ください。
奉行i10シリーズ バージョンアップ

これらのソフトウェアを、windows10環境でご利用になる場合は、動作保証の対象外となります。
ご利用中のシステムの構成にもよりますが、印刷や画面表示の際に不都合が発生する場合があると報告を受けております。一見正常に動くように見えても、思わぬところでエラーが発生する恐れがあります。
また、サポートセンターにおいても、動作保障外の環境でご利用になった結果発生した不都合への対応は、行いません(windowsのダウングレードをお願いすることとなります)。

Windows10にアップグレードする際の注意事項

上記バージョンよりも古い奉行シリーズをご利用中の方で、かつ2015年10月時点でOMSS[に加入されていた方へは、既に対応プログラムおよびマニュアルを頒布しております(OMSSの加入形態により、ディスクまたはダウンロードで提供)。
紛失された方のうち、現在もOMSSに加入されている方は、OBC NetServiceサイトよりダウンロードできます。

古いバージョンの奉行シリーズには、SQL Server 「2008 R2 Express」が付属しています。
Microsoft社の発表によると、Windows10上ではSQL Server 「2012」以降を動作保証の対象としています。
このため、Windows10にアップグレードし、継続して奉行シリーズを利用される場合は、事前に新しいSQL Serverへの入れ替えが必要です。特にスタンドアロン版の場合は注意を要します。

※SQLServerの状況や対処方法は、お客様毎のこれまでの利用形態やコンピュータ環境により、細かく分かれます。詳細はOBC NetServiceサイトをご覧ください。

※OMSS未加入で、かつ現在上記バージョンよりも古いソフトをご利用になっている場合、windows10に対応させるためのプログラムを入手するにはOMSSへの加入が必要です。

Windows10へのアップグレードを回避する方法

 

Windows10へのアップグレードの予約をキャンセルする方法

画像はWindows8.1ですが、Windows7でも操作方法は同じです。

1. ウィンドウの右下にある「Windows10を入手する」アイコン()をクリックします。

2.「Windows10を入手する」ウィンドウが表示されます。左上のをクリックします。

3.「アップグレードの入手」内の「確認の表示」をクリックします。

4.「アップグレードを予約しました」の画面が表示されます。左下にある「予約の取り消し」をクリックします。

5.「本当に取り消してもよろしいですか?」の画面が表示されます。右下の「予約の取り消し」をクリックします。

6.「予約を取り消しました」の画面が表示されましたら作業は完了です。「閉じる」をクリックしてウィンドウを閉じます。

Windows10のアップグレードが開始された後のキャンセル方法

※「Windows10にアップグレードしています」の画面(下記画像)ではアップグレードをキャンセルすることはできません。電源を切らず、100%になるまでお待ちください。

1.「Windows10にようこそ」の画面が表示されます。右下の「次へ」をクリックします。

2.「これは法的文書です」の画面が表示されます。右下の「拒否」をクリックします。

3.「いいえ、Windows10への無償アップグレードを行いません」のウィンドウが表示されましたら、再度「拒否」をクリックします。

4.「以前のバージョンのWindowsを復元しています…」の画面が表示されましたら作業は完了です。アップグレードする前のWindowsが起動します。