OBC製品(OBC奉行シリーズ ソフトウェア)を特価にて販売中! お気に入りに追加 ミモザ運営ショップ一覧
OBC ソフトウェア 製品なら OBC製品販売代理店の株式会社ミモザ情報システム OBC奉行i10 i8 奉行J バージョンアップ・OMSS(年間保守)取扱い 認定正規代理店 電話 075-595-2526
カートの中を見る
商品カテゴリ会社概要ご利用ガイドよくある質問お問いあわせ

各社クレジットカード対応
OBC奉行シリーズ検索
キーワード
OBCソフトウェア FAX注文用紙
OBCショップの注文締め切り時間は13時30分(午後1時30分)です。以降は翌営業日の手配となります。

安全性を高めるため、SSLによる
暗号化通信を採用しています。

OBCサプライショップはこちら
OBC奉行シリーズカテゴリ

■ 営業日 ■

営業日カレンダー

ミモザ情報システム
株式会社
ミモザ情報システム
〒607-8132
京都市山科区大塚森町12-19
ステア211 2F
TEL 075-595-2526
FAX 075-583-2447
URL:
http://www.mimosa.gr.jp
E-mail:
メールフォーム

OBC OCIPパートナー(新ユースウェア事業認定店)
OBC OCIPパートナー
(導入支援パートナー)

インクリボンショップ
インクリボンショップ

ミモザのスタッフブログ

ミモザのFACEBOOKページ

請求業務自動化サービス

印刷やチェック、封入、封緘など手作業が多い請求業務。
長年何気なく取り組んでいるから、そこにかかる手間や時間は見過ごされがちです。

OMSS+請求業務自動化サービスは、請求業務をシステムにより自動化し、労力やコストを大幅に削減するために登場したサービスです。

商蔵奉行をはじめとする各販売管理システムのデータをクラウド上に登録するだけで、請求書の発行、メールでの送信、受領確認まで自動的に行ってくれます。
メールでの請求ができない取引先の場合は、オプションとして郵送代行サービスも実施。これまで通り自社内での印刷・送付も選べます。

「月末の忙しい時期に封入の時間が空くのはありがたい!」
「残業が減って助かる!」
「宛先と中身が違っていたらどうしようというプレッシャーから解放されました!」
「いくつもある取引先の締日を覚えたり、気にしたりせずに済むのがありがたい!」
経理業務担当者からの嬉しい感想が続々。

御社も、これを機に請求業務の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

請求業務自動化サービス 2つのメリット

請求書発行業務の作業時間をカット

請求業務自動化サービスによって、今まで人手で行っていた請求書発行・封入・封緘・送付などの手作業が不要になります。
浮いた時間を別の業務に充てられるようになり、さらに人為的ミスも無くすことができます。

請求書発行にかかるコストを削減

請求業務自動化サービスの請求メール送付により、請求書を郵送する必要性がなくなります。
これによって、請求書発行の際にかかっていた紙代・印刷代・封筒代・郵送費が不要になり、コストを削減することができます。

請求業務自動化サービスの流れ

OMSS+請求業務自動化サービスは、販売管理からの請求データCSVをインポートし、請求メール自動発行や郵送代行を可能にする請求書自動発行システムです。

請求業務自動化サービスは、クラウドを利用した請求書自動発行システムです。
商奉行はもちろん、他社の販売管理ソフトなどあらゆる販売管理システムの請求データをクラウド上でインポート(読込)できます。
インポート(読込)した請求データをもとに、メールによる請求書自動送付や郵送代行が可能になり、請求先は自動送付されたメールに記載のURLから請求書をダウンロードすることができます。
請求書の受領結果やメールの開封状況はクラウド上で参照できます。
販売管理システム側で確定した請求書送付日に正確に送付でき、請求書の再送や事前送付もワンクリックで行うことができます。

請求業務自動化サービス 3つの安心ポイント

今までと同様の請求書をそのまま出力

明細請求書など、OBC専用用紙に対応します。他社の請求書にも請求書レイアウト設計サービスにて対応できます。

合計請求書(OBC 4126 明細請求書)に対応しています。
上記以外のOBC専用用紙のレイアウトには順次対応予定です。
任意の請求書レイアウトにも、請求書レイアウト設計サービスをご利用いただくことで対応可能です。

メール送付と郵送代行を選択可能

請求先ごとにメール送付か郵送代行かを選択できます。

請求先ごとにメール送付か郵送代行かを選択できます。
請求先からの送付方法の指定があった場合も安心です。
メール送付の場合は、請求書の開封状況をクラウド上で確認できます。

任意の請求先のみ部分的に自動化が可能

OMSS+請求業務自動化サービスで請求業務を自動化する請求先、従来通り販売管理から請求書を発行して送付する請求先を選び、併用できます。

任意の請求先にだけ部分的に請求業務を自動化できます。
従来通り販売管理システムから請求書を出力しつつ、並行して可能な範囲から自動化することが可能です。

 

価格

サービス利用料はお見積り対応となります。
お見積り・お申込みともに、請求先数の概算を添えて下記よりお問合せください。

⇒お見積り・お申込み

料金プラン

料金プラン例(定価)

請求先数 年間利用料(税抜) 請求1件あたりの単価
100社 84,000円/年 70円/件
200社 168,000円/年
300社 252,000円/年

300社以上のプランもご用意しております。
「請求1件あたりの単価」は、ご契約いただく請求先数分の請求書を毎月発送していると仮定して算出しています。

オプションサービス

郵送代行サービス(税別)…1通299円

※ご利用分の料金は、サービス提供元から直接ご請求いたします。

※1通最大6枚まで封入可能。1通2枚までなら199円/1通で、1枚増えるごとに+25円で課金されます。

請求書レイアウト設計サービス…オープン価格

※お客様より請求書のPDFサンプルを事前に提供いただき、個別にお見積り致します。

コスト削減シミュレーション

OMSS+請求業務自動化サービスのご利用で、年間43,200円の郵送費の削減に加え、上代、封筒代、印刷代、人件費なども削減できます。

 

お見積り・お申込み

サービス利用料はお見積り対応となります。

OMSS+ 請求業務自動化サービス
お見積り・お申込み

▲見積依頼の際は、必ず月間請求先数をお知らせください▲
(料金が変わります)

ミモザの考える請求業務自動化の将来性

請求書をメール送付する商習慣が根付けば、手作業は今後淘汰されていく?

日本のビジネスシーンでは、請求書を印刷・郵送するという手作業による紙ベースの商習慣が根付いています。
このような商習慣は、請求書自動発行システムによって将来的に大きく変わっていく可能性があります。
あらゆる業務がITインフラによって自動化・省力化されていく現代において、請求業務自動化をいち早く導入することで競合他社より効率のよい企業運営が可能になるのではないでしょうか。
パソコンの導入が今や企業にとって当たり前になったように、そう遠くない将来、請求書自動発行システムの導入が企業にとって当たり前になるかもしれません。