【重要】2021年4月28日 サプライ用品の価格改定について

  1. クラウド型業務システムのご紹介

クラウド型業務システムのご紹介

複数台運用をお考えのお客様に向けて、クラウド型業務システムの特性やメリットを紹介します。
現状、ソリマチ会計王シリーズには「クラウド型」の利用形態はございませんが、業務ソフト専門店の当社では、導入実績豊富な他メーカーの製品・サービスでのご提案が可能です。

近年は特に、急速に進展する働き方改革や、長引くコロナウイルスの影響もあり、テレワークや在宅勤務体制の構築が求められています。クラウド型の業務システムはその実現の切り札として、事業所規模を問わず、導入が広がっています。

オンプレミス型とクラウド型

オンプレミス型とクラウド型

ソリマチのソフトウェアは、全て「オンプレミス型」と言われる、自社保有のパソコンやサーバにインストールし、仕訳や給与などのデータも、自社のコンピュータ上に保管する形態です。
このため、複数台運用時にデータを参照・入力・共有するためには、同一の社屋内(LAN内)からのみ可能であり、支店や倉庫・工場、経営者や従業員の自宅からなどは利用いただけません。

特に、パソコン5台以上で運用できる「LANパック」は、ソフトとは別にサーバ機器の購入が必要であり、多大な投資が必要です。

一方で、昨今は従来の「オンプレミス型」に対し、サーバの導入をせずに、データをサービス事業者に預け、インターネット経由でいつでもどこからでもシステムが利用できる「クラウド型」のシステムを導入するケースが増えています。

クラウド型システムのメリット

数年前までは、クラウドサービスで基幹業務データを扱うことへの抵抗感は、根強いものがありました。
ただ年々、他社製品含め導入事例が増えるとともに、機密性の高さやサーバの導入・保守・運用までを含めた総保有コストの削減など、クラウドはその価値が評価され、急速に導入が進んでいます。

サーバ不要

リアルタイム

手軽な遠隔運用

柔軟性

サーバなどの機器管理は全てお任せ。自社サーバの導入・維持管理・更新コストがゼロに。

営業先や経営者様の自宅など、社外からでも最新のデータを活用できます。テレワークの導入や働き方改革にも好適。

サーバやVPN等の設定導入なしに、手軽に複数台のパソコンによる分散入力や、データの一元管理が実現できます。

事業の状況に合わせて、接続ライセンス数の増減を柔軟に調節できます。

災害対策

明朗会計

外部連携

 

データは多重にバックアップされた上で、複数のデータセンターに保管。事業継続・災害復旧対策に有効です。

 

利用料金には、保守サービスやバージョンアップ、サーバ利用料など、業務ソフト利用に係る全ての費用が含まれます。

 

APIを利用することで、データの自動受入や受渡など、外部サービスとの連携が容易です。生産性の向上に結びつきます。

 

 

クラウド型システムのご提案をいたします

当社では主に下記2つの製品をご紹介しています。
いずれも、歴史ある業務ソフトメーカーで、既存のユーザー数も多く、安心してご利用いただけます。

PCAクラウド

サービス開始10年以上の信頼と実績。
料金目安125,400円/年~

PCAクラウド

奉行クラウド

勘定奉行でおなじみ、OBCのクラウド業務システム
料金目安66,000円/年~

奉行クラウド


クラウド型ソフトウェアの新たな導入や、既存システムのクラウド化をご検討の方、ぜひお気軽にお声掛けください。

メールフォーム

電話 075-595-2526

FAX 075-583-2447

カートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートを見る

FAX注文用紙

ソリマチ認定セールスパートナー

営業日カレンダー

2021年 9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

休業日


ミモザ運営ショップ一覧

株式会社ミモザ情報システムは、OBC、PCAなどの業務ソフトウェアおよびサプライ用品を中心に扱う専門店です。