奉行クラウド導入推進キャンペーン
  1. トップページ
  2. 商品一覧
  3. 奉行クラウド
  4. 勘定奉行クラウド[個別原価管理編]

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]

奉行クラウドはIT導入補助金2023の対象製品です

本製品はIT導入補助金・デジタル化基盤導⼊類型をご利用いただけます。

このページの目次

現在奉行シリーズをご利用の方へ - 奉行クラウドと奉行iシリーズの違い

1. OBC 奉行クラウドとは

国産業務ソフトのトップブランド「勘定奉行」のOBCが提供するクラウドサービスです。
実績ある奉行シリーズを、サーバを持たずに利用することができます。

サーバ不要

サーバなどの機器管理は全てお任せ。自社サーバの導入・維持管理・更新コストがゼロに。

リアルタイム

営業先や経営者様の自宅など、社外からでも最新のデータを活用できます。テレワークの導入や働き方改革にも好適。

手軽な遠隔運用

サーバやVPN等の設定導入なしに、手軽に複数台のパソコンによる分散入力や、データの一元管理が実現できます。

柔軟性

事業の状況に合わせて、接続ライセンス数の増減を柔軟に調節できます。

専門家ライセンスを無償提供

専門家ライセンス

奉行クラウドでは、既にお付き合いのある税理士・会計士先生などの職業専門家専用のライセンスが1つ付属します(有償での追加も可能)。
紙やデータのやり取りをせずにリアルタイムで同じ情報が共有ができる上に、相互のバージョンやデータの時系列・整合性を気にする必要もありません。
なお、専門家ライセンスを自社のライセンスとして利用することはできません。

クラウドのメリットをより詳しく見る

2. OBC 勘定奉行クラウド[個別原価管理編]の利用プラン・料金体系

税抜表記のない表示価格はすべて消費税込です。
ご契約は年間契約となります。月あたりの料金は年間利用料を月割りした参考価格です。

基本システム iA iB iS

仕訳伝票明細件数
/請求書枚数

仕訳伝票明細件数
300,000明細まで
請求書枚数
600枚/1年

仕訳伝票明細件数
300,000明細まで
請求書枚数
600枚/1年

仕訳伝票明細件数
300,000明細まで
請求書枚数
600枚/1年

初期費用(初年度のみ)

55,000円

50,000円(税抜)

66,000円

60,000円(税抜)

77,000円

70,000円(税抜)

年間利用料

1名

363,000円

330,000円(税抜)

月あたり30,250円

27,500円(税抜)

412,500円

375,000円(税抜)

月あたり34,375円

31,250円(税抜)

498,300円

453,000円(税抜)

月あたり41,525円

37,750 円(税抜)

2名

475,200円

432,000円(税抜)

月あたり39,600円

36,000円(税抜)

531,300円

483,000円(税抜)

月あたり44,275円

40,250 円(税抜)

623,700円

567,000円(税抜)

月あたり51,975円

47,250円(税抜)

3名~

お問い合わせください

基本システム iA iB iS

主な機能

  • プロジェクト管理
  • 棚卸処理
  • Excel取込
  • 入出金明細取込
  • カード利用明細取込
  • 証憑入力・保管
  • 適格請求書発行
    適格請求書受領
  • 仕訳伝票/帳票入力
  • 伝票予約登録
  • 仕訳申請・承認
  • 会計帳票
  • 決算報告書
  • 資金繰り表
  • 消費税申告
  • 電子申告
  • 勘定科目内訳明細書
  • プログラム自動更新
  • サポートサービス
  • iAの全機能
  • プロジェクト予実管理
  • 予算実績対比表
  • 経営分析
  • 部門グループ
  • 比較予算
  • iBの全機能
  • プロジェクト原価配賦
  • 部門別損益把握
  • 労務費配賦
  • 管理会計用の伝票区分で集計
  • 自由な科目体系
  • 自由な部門体系

・基本システム、利用人数に関わらず「専門家ライセンス」が1つ付属します。

・別途、オプション(拡張パック・拡張アセンブリ)費用が必要になる場合があります。

・正確なお見積りはお問い合わせ下さい。

既にお持ちの勘定奉行からの移行(バージョンアップ)について

勘定奉行[個別原価管理編]を既にお持ちのお客様も、勘定奉行クラウド[個別原価管理編]に移行する際は初期費用がかかります。

ただし、勘定奉行i10[個別原価管理編]のOMSS LLSにご加入の方が、勘定奉行クラウド[個別原価管理編]に移行していただく場合、初期費用は不要です。

3. 勘定奉行i11[個別原価管理編]と勘定奉行クラウド[個別原価管理編]の業務比較

業務の所要時間については、いずれもOBC調べです。

銀行入出金の仕訳入力

3つの法人口座の記帳を行い、100明細分の仕訳を入力する場合

勘定奉行i11[個別原価管理編]

8時間/月

比較

全ての取引について、仕訳伝票を逐一手で入力

・記帳した通帳や、インターネットバンキングの入出金履歴を目視確認

・全ての仕訳を手入力

・残高が合わない場合、目視で伝票と照合する

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]

5分/月

比較

インターネットバンキングと連携し、入出金データを元に自動的に仕訳入力

・仕訳候補は、システムに登録する前に確認可能

・入出金データの仕訳は手入力を介さずに起票

・手入力によるミスが起きないため、照合作業は不要

Excelからの転記による仕訳入力

100明細分の仕訳伝票を手入力する場合

勘定奉行i11[個別原価管理編]

3時間/月

比較

全ての取引について、仕訳伝票を逐一手で入力

・紙ベースやExcelで作成した支払一覧表等を確認しながら、手入力

・もしExcelベースの表を作っているなら、会計システムとの二重入力が生じている

・残高が合わない場合、目視で伝票と照合する

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]

1.5時間/月

比較

Excel等のデータがあれば、仕訳の一括入力が可能

・現場で管理されているExcelファイルをドラッグ&ドロップすると自動的に取込み

・Excelデータの各項目と、勘定奉行クラウド[個別原価管理編]に登録するデータ項目の「関連付け」が自在

・仕訳候補は、システムに登録する前に確認可能

・手入力しないため、入力ミスが起きない

税理士とリアルタイムデータ共有

決算時の税理との情報のやり取り

勘定奉行i11[個別原価管理編]

比較

外部メディアにバックアップデータを書き出し、相互に輸送する

・データを圧縮し、パスワードを設定後、税理士へ渡す

・税理士がデータを確認している間、新たな入力や修正はできない

・待機中に見つけた修正がある場合は、税理士に連絡

・税理士から送られてきたデータを復元

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]

比較

無償で提供される専門家ライセンスを使って、税理士と常に同じデータを共有

・税理士へデータを受け渡す作業は、一切必要なし

・データ輸送、送信時のリスクや、待ち時間を完全に排除

・税理士による確認と並行して入力可能

4. OBC 勘定奉行クラウド[個別原価管理編]の機能

累計69万社の導入実績を誇る国産会計ソフトの決定版、勘定奉行[個別原価管理編]のクラウド版です。
長年の試行錯誤から生まれた、定評ある入力画面や快適な操作性をそのままに、クラウドならではの新しい機能も追加しています。

【ピックアップ】電子帳簿保存法の対応について

勘定奉行クラウド個別原価管理編]では「仕訳伝票」に、スキャナ画像および電子取引に伴うPDF等の「取引証憑データ」を紐づけた上でクラウド上に保管できるため、基本料金のみで手軽に改正電子帳簿保存法に準拠した業務運用を実現します。

また、以下のオプションをご利用いただくことで、証憑保管にかかる手間をさらに大きく削減できます。

証憑収集オプション

タイムスタンプの自動付与

アップロードした取引証憑データにタイムスタンプを自動的に付与します。

タイムスタンプの自動付与

取引証憑データを勘定奉行クラウド[個別原価管理編]へ直接送信できる

専用のアプリを利用することで、PCやスマートフォンに保存してある取引証憑データを、勘定奉行クラウドへ直接送信できます。

例えば、従業員が受領した紙の領収書を従業員自身のスマートフォンで撮影し、その画像データを勘定奉行クラウドへ送信できます。

送信された画像は経理担当者が確認し、承認した場合は従業員が入力したデータを、仕訳伝票として起票します。経理担当者として仕訳の内容をチェックするだけで良く、入力の手間がなくなります。

仕訳伝票に起票後、証憑データは電子帳簿保存法の要件に沿って勘定奉行クラウド上に保管されます。

取引証憑データを勘定奉行クラウド[個別原価管理編]へ直接送信できる

カメラで撮影したデータの他にも、PDFやスキャナで読み取ったデータも勘定奉行クラウドへ送信・自動仕訳できます。

領収書だけでなく、請求書・見積書・納品書・注文書・契約書等の、電子帳簿保存法の要件に沿って保管する必要がある電子証憑も仕訳伝票に紐づけて保管できます。

電子証憑も仕訳伝票に紐づけて保管

内容に不備があった場合は、証憑データに理由を添えて差し戻すこともできます。

内容に不備があった場合は、証憑データに理由を添えて差し戻すこともできます

AI-OCRオプション

本オプションの利用により、アップロードした証憑(PDF・画像データ)の内容をAIに読み取らせ、テキストデータに変換することができます。

読み取る項目位置の指定など事前の準備は不要で、95%以上の精度で読み取ります。

読み取った入力内容は仕訳伝票データとして起票されるため、経理担当者の業務は仕訳内容のチェックと簡単な修正のみとなり、手入力の手間がなくなります。

AI-OCRオプション

日次業務

従来通りの仕訳入力もスピーディに

従来の奉行システムで使い慣れた振替伝票形式での入力画面。
付箋や証憑の添付機能や、ショートカットキーやクイックサーチなどの操作面でも便利な機能を搭載。

OBC 勘定奉行クラウド[個別原価管理編] 従来通りの仕訳入力もスピーディに

自動チェック機能より、起票ミスを防止

ミスのパターンを事前にルール化しておくことで、ミスがあった場合、仕訳伝票の登録時にアラートが表示されます。

システム側であらかじめ、ルールが登録されているため、すぐにアラート機能を使用できます。

勘定奉行クラウド[個別原価管理編] 自動チェック機能より、起票ミスを防止

月次残高チェック

元帳や仕訳伝票まですぐに出力できます。

気になる明細を選択すれば、元帳や仕訳伝票までジャンプできます。

勘定奉行クラウド[個別原価管理編] 月次残高チェック

部門や取引先など、軸を変えて集計ができる

部門・補助科目・取引先・適用別に試算表を集計。
例えば、部門ごとの売上状況をスムーズに把握することができます。

出力可能帳票
部門集計表、補助科目集計表、取引先集計表、摘要集計表

部門や取引先など、軸を変えて集計ができる

案件・プロジェクト

プロジェクトの発足から進捗・完成まで基本項目を一元管理

プロジェクト管理に必要な基本項目として、請負金額や進捗管理、予定期間などを一元管理できます。
Excelやテキストファイルなどを、勘定奉行クラウド[個別原価管理編]データを取り込むだけで登録を行えます。

案件・プロジェクト

間接費配賦・振替

工数管理から現場ごとの労務費の配賦業務を自動化(iSシステムのみ搭載)

給与システムや勤怠システムの情報を、勘定奉行クラウド[個別原価管理編]に取り込むと、日報データをもとにして労務費を自動配賦します。

工事間接費配賦・振替

間接費の配賦作業を自動化(iSシステムのみ搭載)

プロジェクトごとの間接費を自動集計し、企業独自の配賦基準に基づいた配賦伝票を自動作成します。

間接費の配賦作業を自動化

棚卸振替/振戻処理が自動化

毎月行う製造原価の仕掛品への振替、仕掛品の製造原価の振戻仕訳を自動化できます。

棚卸振替/振戻処理が自動化

実行予算管理・プロジェクト原価管理

原価とプロジェクト情報を同時に確認

原価科目ごとの原価内訳をボタン一つで瞬時に確認できます。また、予算情報や入金情報など、プロジェクトにかかわる情報も同一画面で確認できます。

実行予算管理・工事原価管理

発注額に対する出来高も自動集計

実行予算管理で作成したプロジェクト別予算データをもとに取引先別の発注管理が行えます。
日々の原価仕訳により出来高が自動集計されるため、プロジェクト別、取引先別のリアルタイムな出来高一覧を出力できます。

原価の低減や、不採算部門の早期発見をサポート

最新の会計データから、一覧表や集計表等の分析資料をワンクリックで出力できるため、異常値にいち早く気づくことができます。

原価の低減や、不採算部門の早期発見をサポート

年次業務

日々の仕訳を起票するだけで、決算消費税申告時に必要な書類を自動で作成できます。

決算書出力機能

電子申請・電子納税にも対応

電子申告用の財務諸表データの作成や、消費税申告の電子申告に対応しています。

申告奉行クラウド[法人税・地方税編]との連携で法人税申告書・地方申告書を自動作成

財務データから各種申告書に自動転記し、手作業を大幅に削減します。
企業規模による判定や、所得に応じた税率適用も自動化します。

消費税申告書

消費税~インボイスなど、法令改正には自動アップデートで対応

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]の利用料には、最新のソフトを利用するための一切の保守・サポート費用が含まれています。バージョン毎のサポート期限などの概念もありませんので、消費税改正やインボイス制度など、先々の法令改正対応も保証されており、ずっと安心して使い続けられます。
また、従来の奉行シリーズで存在した更新プログラムの適用・インストール作業や、バージョンアップのタイミングを図ったりなどの煩わしい管理は一切必要ありません。
サーバの入れ替えや、サーバOS、データベースエンジンのサポート期限や更新などの管理業務も全てOBCにお任せ。

自動バックアップ

データは作業をするごとに、自動的にクラウドへ保存されます。
このため、面倒なルーティンワークとしてのバックアップ作業や、それに伴う業務の一次停止が発生しません。

バックアップデータは、政府機関やグローバル企業も利用するマイクロソフトの堅牢なデータセンターに保管されますので、セキュリティ対策としても、災害対策としても有効です。

他の奉行クラウドシリーズとの連携

他の奉行クラウドシリーズと連携する事で、システム間の二重入力の必要がなくなり、さらに仕訳の手入力の手間を削減できるため、経理業務の効率化をより図れます。

給与奉行クラウド

商奉行クラウド

法定調書奉行クラウド

固定資産奉行クラウド

債権権行クラウド

債務奉行クラウド

申告奉行クラウド[法人税・地方税編]

申告奉行クラウド[内訳書・概況書編]

5. 奉行製品からのデータ移行について

「データコンバート事前確認ツール」にて、使用中のデータが奉行クラウドへ移行できるかどうかをご確認ください。「データコンバート事前確認ツール」はOBCが運営している奉行クラウド ヘルプセンターのデータ移行のための準備・確認ページからダウンロードができます。

6.ご利用開始までの流れ

お見積り依頼

当社へお見積り依頼願います。
ご依頼内容によっては、お時間をいただく場合がございますが、滞りがなければ、概ね1~2営業日でお客様へ見積書を提出いたします。

ご発注

当社へご発注ください。(メールまたはFAX。発注書は見積書提出時に添付します)

お支払い

当社からお客様へ、メールで請求書を送信します。期日までにお支払いください。

ご利用案内をお届け

当社による入金確認の2~3営業日後、ご注文時に入力いただいたメールアドレス宛に、OBCから「電子納品メール」が届きます。
メールに記載の内容に沿って、ソフトウェアのダウンロード・インストールを行ってください。
詳しくは、OBC 奉行シリーズ 電子納品についてをご覧ください。

ご利用開始

セットアップ完了後、奉行クラウドを利用いただけます。

以下は、お客様の状況に応じて、適宜実施します。

導入前

  • 製品デモ(無償)
    製品説明のために、ご訪問いたします。
    地理的、時間的な制約がある場合は、リモート環境(お客様のパソコンとオペレーターのパソコンを接続し、画面を共有した状態)でのデモを実施します。
  • 環境診断ツールの提供および診断(既に奉行シリーズをご利用の場合・無償)
    現在お客様がご利用になっている奉行シリーズのバージョンやデータの領域数、サイズなどを調査します。結果次第では、データ移行が行えない場合があります。
  • 資料の提供(無償)
    稟議の際に必要となるカタログや比較見積、クラウドの仕組みやメリットなどの説明資料を提供します。上司の説得方法などもご相談ください。
  • お見積り(無償)
    ご利用になる基本システム、ライセンス数などをもとにお見積りいたします。

ご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

導入後

  • データ移行(コンバート)
    現在利用しているデータがある場合は、奉行クラウドへ移します。
    ご自身で操作いただく場合は無償ですが、作業を委託される場合は有償となります。
  • ユースウェア(導入指導・環境構築)
    導入システムの安定稼働、有効活用に向けて、経験豊かなOBCインストラクターが丁寧に指導します。
    操作方法からお客様の業務に合わせた運用方法まで、短期間で完全習得していただくことができ、システム導入における担当者様の負担を最小化できるサービスです。

7. 当社(ミモザ情報システム)について

私どもは「OBC公認OAPパートナー」=製品や業務について熟知したインストラクターが在籍するユースウェア認定店です。OBC製品・奉行シリーズのことなら全てお任せください。

創業30年、多数の販売実績と的確な情報提供

創業以来、京阪神地域一円の500社以上に業務ソフトを導入してきた実績と、それに裏付けられた知識でお客様をサポートします。

他メーカー含む多数のクラウド業務ソフト導入実績

クラウド業務ソフトだけで数百社以上の導入実績があります。他社製品との比較など、メーカーに聞けないことまで対応できます。

奉行クラウドキャンペーン

全国ネットワークで訪問ヒアリング・製品デモなど実施中

メーカーや協業会社と協働して、訪問した上での製品デモやヒアリングサービスを実施しています。

OBCリモートデモサービス

奉行クラウド特有の機能や画面などを、お客様のパソコンに映し出して説明いたします。

基幹業務ソフトウェアの導入相談承ります | OBC正規販売代理店 ミモザ

訪問デモやヒアリングも承ります。日本全国対応可能。

ご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールフォーム

電話 075-595-2526

FAX 075-583-2447

8. OBC 勘定奉行クラウド[個別原価管理編] メニュー構成一覧表・出力帳票・動作環境・処理スペック

勘定奉行クラウド[個別原価管理編] メニュー構成一覧表

システム別メニュー構成
iAシステム iBシステム iSシステム
勘定奉行クラウド[個別原価管理編] メニュー構成一覧表

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]iAシステム

ダッシュボード

└お知らせ

└本日の起票予定

└証憑

└本日の起票済伝票

└仕訳伝票承認 

└処理事業年度

└導入状況

└利用状況

ツールメニュー

【汎用データ】

└汎用データ作成

└法人情報

└勘定科目データ作成

└補助科目データ作成

└部門データ作成

└取引先データ作成 業者データ作成/p>

└法人口座データ作成

└摘要データ作成

└プロジェクト管理

└プロジェクトデータ作成 工事データ作成/p>

└プロジェクト区分データ作成 工事区分データ作成/p>

└工程データ作成 工種データ作成/p>

└プロジェクト予算額データ作成 工事予算額データ作成/p>

└財務会計

└仕訳伝票データ作成

└仕訳伝票区分データ作成

└定型仕訳伝票データ作成

└銀行入出金明細辞書データ作成

└キャッシュレス明細辞書データ作成

└証憑辞書データ作成

└期首残高データ作成

└導入前実績金額データ作成

└原価管理

└導入前プロジェクト累計額データ作成 導入前工事累計額データ作成/p>

└汎用データ受入

└法人情報

└勘定科目データ受入

└補助科目データ受入

└部門データ受入

└取引先データ受入 業者データ受入/p>

└法人口座データ受入

└摘要データ受入

└プロジェクト管理

└プロジェクトデータ受入 工事データ受入/p>

└プロジェクト区分データ受入 工事区分データ受入/p>

└工程データ受入 工種データ受入/p>

└プロジェクト予算額データ受入 工事予算額データ受入/p>

└財務会計

└仕訳伝票データ受入

└仕訳伝票区分データ受入

└定型仕訳伝票データ受入

└銀行入出金明細辞書データ受入

└キャッシュレス明細辞書データ受入

└証憑辞書データ受入

└期首残高データ受入

└導入前実績金額データ受入

└原価管理

└導入前プロジェクト累計額データ受入 導入前工事累計額データ受入/p>

【運用設定】

└運用設定

└帳票別プリンター

└休日

└銀行支店

【セキュリティ】

└専門家招待

└利用者

└利用者権限

└部門権限

└操作ログ

└ライセンス追加

【個人設定】

└パスワード

└フォント

└お気に入り

└ログアウト

【ヘルプ】

└ヘルプ

└バージョン情報

└知的財産情報

法人情報

【法人情報】

└法人情報

└電子証明書

【経理規程】

└経理業務設定

└勘定科目設定

└勘定科目

└勘定科目一括登録

└補助科目

└科目体系

└科目体系帳票設定

└仕訳伝票設定

└仕訳伝票チェックルール

└仕訳伝票承認設定

└証憑設定

└証憑種類

【原価計算規程】

└原価管理設定

└原価管理体系

【税務申告】

└税務申告設定

└消費税区分

└消費税区分表示設定

【部門】

└部門

取引先 業者

└取引先 業者/p>

【取引金融機関】

└法人口座

└連携金融機関

└法人カード

【摘要】

└摘要

プロジェクト管理 工事管理

プロジェクト 工事

└プロジェクト 工事/p>

└プロジェクト一括登録 工事一括登録/p>

└プロジェクト区分 工事区分/p>

工程 工種

└工程 工種/p>

【予算】

└プロジェクト予算額 工事予算額

財務会計

【取引入力】

└仕訳伝票承認

└証憑内容確認※1

└本日起票予定

└取引入力

└予約仕訳伝票入力

└業務連携入力

└銀行入出金明細入力

└銀行入出金明細入力(旧)

└キャッシュレス明細入力

└証憑入力

└仕訳伝票データ受入 (汎用)

└取引ファイル受入

└証憑一括添付

└取引明細リスト

└証憑リスト

└帳簿入力

└現金出納帳入力

└預金出納帳入力

└売掛帳入力

└買掛帳入力

└元帳入力

└仕訳帳入力

└仕訳伝票入力

└反対仕訳伝票一括起票

└仕訳伝票チェック

└取引入力補助

└仕訳伝票No.

└仕訳伝票区分

└仕訳伝票予約

└定型仕訳伝票

└定型仕訳伝票優先表示設定

└仕訳伝票ロック

└取引入力辞書

└銀行入出金明細辞書

└キャッシュレス明細辞書

└証憑辞書

└仕訳伝票一括変更

└消費税一括変更

└仕訳伝票一括修正

└仕訳伝票一括削除

└定型仕訳伝票一括削除

└電子帳簿保存

└仕訳伝票履歴

【会計帳票】

└仕訳帳

└元帳

└元帳

└科目出力パターン

└日計表

└合計残高試算表

└合計残高試算表

└印刷設定(二段形式)

└科目要約設定

└レイアウト設定

└勘定科目内訳表

└日別内訳表

└部門内訳表

└補助科目内訳表

└取引先内訳表 業者内訳表

└プロジェクト内訳表 工事内訳表

└現預金内訳表

└集計表

└部門集計表

└補助科目集計表

└取引先集計表 業者集計表

└プロジェクト集計表 工事集計表

└摘要集計表

└一覧表

└取引先一覧表 業者一覧表

└推移表

└対比表

└資金繰り

└資金繰り表

└資金繰り項目

└決算報告書[分析]

└決算報告書[分析]

└レイアウト設定

└科目要約設定

└レイアウト設定

└株主資本等変動計算書設定

└当期変動額[分析]

└導入前変動額[分析]

└変動事由

└注記[分析]

【分析帳票】

【消費税帳票】

└消費税申告書[月次]

└消費税計算書[月次]

└科目別課税対象額集計表

└科目別消費税区分集計表

└消費税区分明細表

【残高入力】

└期首残高

└導入前実績金額

原価管理

【振替処理】

└完成振替

└完成振替

└完成振替履歴

└棚卸振替

└棚卸振替

└棚卸振替履歴

【原価帳票】

└プロジェクト台帳 工事台帳/p>

└プロジェクト台帳 工事台帳/p>

└プロジェクト台帳レイアウト 工事台帳レイアウト/p>

└プロジェクト一覧表 工事一覧表

└プロジェクト別原価報告書 工事別原価報告書/p>

└プロジェクト別工程一覧表 工事別工種一覧表

└プロジェクト原価集計表 工事原価集計表

└プロジェクト原価推移表 工事原価推移表

└プロジェクト別予算実績対比表 工事別予算実績対比表

【残高入力】

└導入前プロジェクト累計額 導入前工事累計額/p>

オリジナル帳票※2

【帳票出力】

└帳票出力

└レイアウト設定

決算処理

【決算報告書】

└決算報告書

└レイアウト設定

└科目要約設定

└レイアウト設定

└株主資本等変動計算書設定

└当期変動額

└導入前変動額

└変動事由

└注記

【キャッシュ・フロー計算書】

└キャッシュ・フロー計算書

└キャッシュ・フロー精算表

└キャッシュ・フロー項目

【他システム連携】

└連結会計データ作成

└達人データ作成

【事業年度】

└事業年度

税務申告

【消費税】

└消費税申告書

└消費税計算書

└課税制度別納税額比較表

└税理士添付書面

└税務代理権限証書

└税理士法第33条の2添付書面

└電子申告

└消費税申告データ作成

└消費税署名付与

└消費税申告データ送信

└国税電子納税

└国税電子見込納税

└消費税納付情報登録依頼

└国税電子納税

└国税メッセージボックス確認

【財務諸表】

└電子申告データ作成

└財務諸表データ作成

└電子申告科目設定

└電子申告注記

システム

【為替レート】

【取引入力】

└否認伝票一覧

└業務連携コード設定

└仕訳伝票重複チェック

└証憑種類利用設定※1

【事業年度】

└明細の月次残高移行

データコンバート

【データコンバート】

└データコンバート

データリセット

【データリセット】

└データリセット

証憑収集オプション※1

【ダッシュボード】

└証憑のアップロード

└証憑リスト

【メニューリスト】

└証憑アップロード

└証憑リスト

※1 証憑収集オプションをご利用の場合

※2 オリジナル帳票 for 勘定奉行クラウドをご利用の場合

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]iBAシステム(iAシステムの上位モデル)

iAシステムの内容に加えて、下記のメニューが搭載されています。

ツールメニュー

【汎用データ】

└部門グループデータ作成

└予算額データ作成

└部門グループデータ受入

└予算額データ受入

【運用設定】

【セキュリティ】

【個人設定】

【ヘルプ】

法人情報

【部門】

└部門グループ

財務会計

【分析帳票】

└経営分析

└経営分析

└指標

└集計項目

└財務構成グラフ

└損益分岐点分析

└キャッシュ・フロー分析

└キャッシュ・フロー推移表

└キャッシュ・フロー精算表[分析]

└キャッシュ・フロー項目

【予算管理】

└予算実績集計表

└予算実績対比表

└予算額

└予算額ファイル受入

※2 オリジナル帳票 for 勘定奉行クラウドをご利用の場合※2

勘定奉行クラウド[個別原価管理編]iSAシステム(iBシステムの上位モデル)

iBシステムの内容に加えて、下記のメニューが搭載されています。

ツールメニュー

【汎用データ】

└管理会計部門体系データ作成

└作業時間データ作成

└支給額データ作成

└従業員データ作成

└部門配賦基準データ作成

└"プロジェクト配賦基準データ作成 工事配賦基準データ作成

└オリジナル帳票※2

└非会計情報データ作成※2

└管理会計部門体系データ受入

└作業時間データ受入

└支給額データ受入

└従業員データ受入

└部門配賦基準データ受入

└"プロジェクト配賦基準データ受入 工事配賦基準データ受入

└オリジナル帳票※2

└非会計情報データ受入※2

法人情報

【経理規程】

└管理会計科目設定

└管理会計科目体系

└管理会計科目体系帳票設定

【部門】

└部門

└管理会計部門

└管理会計部門体系

原価管理

【労務費処理】

└労務費計上

└作業時間

└支給額

└従業員

└労務費計上科目設定

└労務費計上履歴

【配賦処理】

└部門配賦

└部門配賦

└部門配賦基準

└科目別部門配賦基準設定

└部門配賦履歴

└プロジェクト配賦

└"プロジェクト配賦 工事配賦

└"プロジェクト配賦基準 工事配賦基準

└"科目別プロジェクト配賦基準設定 科目別工事配賦基準設定

└"プロジェクト配賦履歴 工事配賦履歴

オリジナル帳票※2

【非会計情報】

└非会計情報

└非会計情報ファイル受入

勘定奉行クラウド[個別原価管理編] 出力帳票

会計帳票

分析帳票

決算報告書・消費税申告書・消費税管理資料

  • 仕訳帳
  • 元帳
  • 日計表
  • 合計残高試算表
  • 合計残高試算表(補助科目 内訳付)
  • 日別内訳表
  • 部門内訳表
  • 補助科目内訳表
  • 補助科目内訳表
  • 部門集計表
  • 補助科目集計表
  • 取引先集計表
  • 摘要集計表
  • 科目別推移表
  • 部門別推移表
  • 補助科目別推移表
  • 取引先別推移表
  • 科目別対比表
  • 部門別対比表
  • 補助科目別対比表
  • 補助科目別対比表
  • 資金繰り表
  • 予算実績対比表
  • 経営分析
  • ABC分析
  • 損益分岐点分析
  • 決算書分析
  • キャッシュ・フロー精算表
  • 決算報告書(勘定式)
  • 決算報告書(報告式)
  • 決算報告書(二期間)
  • キャッシュ・フロー計算書
  • 消費税申告書(原則課税)
  • 消費税申告書(簡易課税)
  • 消費税計算書(原則課税)
  • 消費税計算書(簡易課税)
  • 科目別課税対象額集計表
  • 科目別消費税区分集計表
  • 消費税区分明細表

勘定奉行クラウド[個別原価管理編] 動作環境

日本語OS

Windows 11/Windows 10/Windows 8.1

対応ブラウザ

Microsoft Edge最新バージョン/Chrome最新バージョン

インターネット接続回線

光回線を推奨

必要なソフトウェア

.NET Framework 4.6.1 以降(※)

周辺機器等

上記OSに対応した、ディスプレイ・マウス・キーボード・日本語変換システム

解像度

1366×768以上を推奨

※ セットアップされていない場合は、当システムのセットアップ時に自動的に「.NET Framework 4.6.1」がセットアップされます。

勘定奉行クラウド[個別原価管理編] 処理スベック

項目 勘定奉行クラウド[個別原価管理編]
勘定科目 コード 英数3~10桁
登録件数 999件
名称 40文字
補助科目(1勘定科目あたり) コード 英数1~10桁
登録件数 9,999件
名称 40文字
部門 コード 英数カナ1~15桁
登録件数 9,999件
名称 40文字
部門グループ コード 英数カナ1~15桁
登録件数 999件
名称 40文字
取引先 コード 英数カナ1~20桁
登録件数 9,999件
名称 60文字
法人口座 コード 英数カナ1~3桁
登録件数 999件
名称 20文字
摘要 文字数 200文字

タイムスタンプ数

※証憑収集オプションの追加が必要です。

スタンプ数 無制限
仕訳伝票 明細登録件数

標準300,000明細※まで

※別途、拡張パックにより明細数は追加することができます。詳しくはお問い合わせください。

帳票 金額桁数 15桁
証憑 1ファイル当たりの容量制限 10MBまで
容量上限

基本システムごとに以下の上限

Eシステム:100GBまで

Jシステム:300GBまで

A,B,Sシステム:1,000GBまで

※お客様の業務を考慮し、運用上十分な上限を設定しています

アップロード可能なファイル形式 「.pdf」「.jpg」「.jpeg」「.png」「.gif」「.tif」「.tiff」

ご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールフォーム

電話 075-595-2526

FAX 075-583-2447

カートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートを見る

FAX注文用紙

スマートフォンサイト

カテゴリー

営業日カレンダー

2024年 7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2024年 8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

休業日

株式会社ミモザ情報システムは、OBC認定ビジネスパートナー・正規販売代理店の認証を受けています。


ミモザ運営ショップ一覧

株式会社ミモザ情報システムは、OBC、PCAなどの業務ソフトウェアおよびサプライ用品を中心に扱う専門店です。