政府事業により、2019年10月1日より当店のクレジットカード決済金額より5%が還元されます。≫ 詳細を見る

奉行 年末調整申告書クラウド

年末調整申告書クラウド

OBCの「奉行Edge 年末調整申告書クラウド」は、総務経理担当者様に大きな負荷がかかる毎年の年末調整業務を省略化するサービスです。
各種申告書の配布・入力依頼・回収・確認などといった作業をシステム化し、紙を手渡しでやり取りする労力を削減します。
給与システムとの連携も簡単に(奉行シリーズは直接連携)できるため、紙面を回収し終えてからの手入力や確認・検算の手間も省けます。
総務経理部門の繁忙期・年末調整時期の業務負荷を大幅に緩和する「奉行Edge 年末調整申告書クラウド」の導入をぜひご検討ください。

お見積り依頼の際は、現在お使いの給与計算ソフト名・利用予定人数 をお知らせください。

OBCリモートデモサービス


年末調整申告の流れ

OBC「奉行 年末調整申告書クラウド」を利用しない場合と、利用する場合の作業の流れを比較しています。

サービスを利用しない場合 サービスを利用する場合
1.従業員様へ提出依頼 申告書を拠点や部署毎に仕分け、配布するのに時間がかかる メールにて、一括で提出依頼通知を送れる。ボタン1つで依頼できるので、相手の居場所を問わず通知できる
2.申告書提出 入力などについての問い合わせ対応や、外出続きの従業員様からの回収がなかなかできない 基本情報はあらかじめ入力されている状態なので、必要項目のみの回答でOK。ヘルプもついており、書き方に関する疑問も自己解決可能
3.提出状況のチェック 提出・未提出の確認と記録、催促が大変 提出状況は自動的に記録されるため、何もしなくても提出・未提出が明確に分かる
4.内容確認、差戻し 申告書の内容や計算結果を隅々までチェックし、不備があった場合は書類を差戻す 控除額などは自動計算されるため検算不要。変更箇所のチェックに集中できる
5.申告書の出力 該当者の申告書を探し出すのは大変。このため、日頃からの書類の整頓が欠かせない 紙面が必要な場合は、電子データなので、いつでも素早く検索可能。印刷も可能
6.給与システムへの入力 給与システムへの手入力、ミスや漏れがないかを丁寧にチェックする 給与奉行へは直接連携するため手入力不要です。申告書データをCSV形式で出力できるため、給与奉行以外のソフトへの連携も可能

OBC 奉行 年末調整申告書クラウド 機能紹介

ボタン1つで提出依頼を通知

申告書の提出依頼については、メールにて一括通知できるため、連絡漏れや、外出続きの従業員様だけ連絡できない、といったことが発生しません。

通知を受け取った従業員様は、個人毎に用意された申告書提出画面にログインし、いつでも申告作業を開始することができます。これにより、拠点毎や部署毎の書類の仕分けや管理・配布作業がなくなり、負担が軽減されます。

ボタン1つで提出依頼を通知

記入の手間が減り、簡単に提出できる

WEBを通じて入力するため、パソコン・スマートフォン・タブレットなど従業員様毎に異なる様々な端末から入力ができます。このため、作業場所を選ばず、外出先からでも手軽に入力・確認ができます。

入力画面自体は専用に設計されたもののため、紙の申告書より、文字も入力欄も大きく、格段に見やすくなっています。その上、氏名や住所などの基本情報はあらかじめ入力された状態なので、必要な項目のみ追記するだけで完了します。
入力作業自体のハードルが下がる上に手間が減り、従業員様にとっても非常にメリットが大きいです。

入力された情報は、即座に担当者様側で確認できます。
手間のかかる書類の回収作業が丸ごと省略されるため、スムーズに次の工程へ進むことができます。

基本情報は自動で入力されて表示されます

必要な書類のみ提出できます

分からないこともすぐ解決!従業員様からの問い合わせ対応も削減

提出項目単位にヘルプがついているため、項目の意味や入力の仕方が分からなくてもシステムがサポートしてくれます。
よくある問い合わせを網羅しているので、応対に係る担当者様の負担を軽減することができます。

分からないこともすぐ解決!従業員様からの問い合わせ対応も削減

提出・未提出を自動で記録。漏れがないかは一目瞭然

提出状況の記録を自動で行いますので、チェック漏れがない上、未提出者もすぐ分かります。
未提出などの対象者を絞り込んで、一括で催促メールを送ることも可能です。

ボタン1つで催促メールを送ることができます

各種証明書類の提出状況の確認も可能

電卓やエクセルは不要!計算は自動で行われ、チェックの負担を最小限に

保険料の控除額は入力すると自動的に計算されます。
書類とともに、電卓をたたいたり、エクセルにて計算・検算を行っていた作業が不要となります。
もちろん、クラウドサービスの強みを生かし、その時々の最新の税制に対応し続けます。
翌年以降は、保険会社の名称や金額が複写されますので、使い続けていくにつれ記入やチェックが楽になります。

電卓やエクセルは不要!計算は自動で行われ、チェックの負担を最小限に

変更点は一目で分かり、内容の不備は直接修正などが可能

前年からの変更点がある場合は、項目が緑色に変わりますので、一目で分かるようになっています。前回の用紙と比較して逐一見比べる必要がなくなります。

また、内容に不備がある場合は直接修正や、コメントを付けての差戻しが可能です。

変更点は一目で分かり、内容の不備は直接修正などが可能

出力・印刷まで簡単

紙の申告書が必要な場合は、PDF形式で出力すればすぐ印刷が可能です。

扶養控除(等)申告書の出力時は、マイナンバーを印字するか・しないかを選択することができます。

給与システムとの連携も入力不要

奉行シリーズをお使いの場合は直接連携するので、手入力などの作業は一切不要です。
他の給与システムをお使いでも、申告書データをCSVで出力できますので、手入力や入力後のチェックがなくなります。

給与システムとの連携も入力不要

万全なセキュリティ

通信は暗号化されますので、外部に漏洩する心配がありません。
データは信頼性が高く定評のあるマイクロソフト社のデータセンターで保管されますので、パソコンが起動しなくなった等のトラブルが発生してもデータ消失のおそれはなく、すぐに復旧できます。


OBC 奉行 年末調整申告書クラウド よくある質問

Q.従来の紙の業務フローと併用できますか?

A.パソコンをお持ちでない、あるいは苦手な従業員様もいらっしゃることと思いますので、当システムを利用する方としない方を区別し、利用しない方は従来通り書類をやり取りする、といった使い方も想定しております。社員情報は全員分当システムに連携・登録しておき、書類の方はシステム利用対象外としてチェックを外しておく、といった形態です。
システムを利用しない方については、利用料金のカウントもされません。

Q.Webだけで年末調整の申告を受ける場合に、必要な行政手続きはありますか?

A.事前に税務署へ申請する必要があります。申請書は国税省のHPより入手が可能です。(源泉徴収に関する申告書に記載すべき事項の電磁的方法による提供の承認申請書)
※上記申請書を提出している場合でも、「住宅借入金等特別控除申告書」については原本の提出、および証明書類原本の収集・保管が必要となります。

Q.奉行シリーズが必要ですか?

A.奉行シリーズをお持ちでなくてもサービスの利用は可能です。
当サービス単独のご利用によるシステム化であっても、年末調整業務の削減効果は十分発揮されるものと存じます。
データはCSV形式での出力が可能なため、他社製給与計算システムへ連携させてのご利用も想定しております。

Q.今後の申告書様式の変更に対応できるのですか?

A.対応できます。年間利用料金内で自動アップデートされるため、追加のコストをかけず常に最新の様式に対応できます。
なお、過年度の申告書をPDF出力する際には、当時の様式で出力されます。


OBC 奉行 年末調整申告書クラウド 料金

年間利用料 12,000円(税抜)

奉行シリーズ連携で30名までの年間利用料です。31名以上の価格は見積対応となります。

お見積り依頼の際は、現在お使いの給与計算ソフト名・利用予定人数 をお知らせください。

OBCリモートデモサービス

カートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートを見る

FAX注文用紙

カテゴリー

営業日カレンダー

2020年 1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020年 2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

休業日

株式会社ミモザ情報システムは、OBC認定ビジネスパートナー・正規販売代理店の認証を受けています。


ミモザ運営ショップ一覧

株式会社ミモザ情報システムは、OBC、PCAなどの業務ソフトウェアおよびサプライ用品を中心に扱う専門店です。